• 【QUICK Forecast企業業績】2/19時点 今期の営業利益1.9%増、来期は6.9%増益

    QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を算出?#24037;毳末`ル「QUICK Forecast企業業績?#24037;?#21033;用して、今期(実績発表済みの翌期、2019年12月期や2019年3月期など)と来期(実績発表済みの翌々期、2020年12月期や2020年3月期など)の、2月19日時点の業績集計を行った。

    連結業績(金融を除く全産業3288社ベース)は、売上高が前期比2.3%増の687兆6497億円、営業利益が同1.9%増の50兆1396億円、経常利益が同1.9%増の50兆7555億円、当期純利益が同2.0%減の34兆5568億円となった。

    営業増益を見込むのは、パルプ?紙、鉱業、その他製品、情報?通信業など29業種中17業種(東証業種分類)だ。三井松島ホールディングス(1518)、デジタルガレージ(4819)、ソースネクスト(4344)などが大幅な増益を見込む。一方、減益を見込むのは海運業、非鉄金属、鉄鋼、電気?ガス業など12業種。川崎汽船(9107)や東邦亜鉛(5707)は赤字、郵船(9101)は大幅減益を見込む。

    ■今期の業績予想(億円)

    営業利益を2018年12月25日算出のデータと比較した。海運業は今期減益を見込むがその幅が縮小した。また、情報?通信業、倉庫?運輸関連業は、今期さらなる増益拡大を見込む。一方、石油?石炭製品は、営業利益の予想の下落幅が拡大した。昭和シェル(5002)やコスモエネルギーホールディングス(5021)の予想が減益修正となった影響が大きい。

    今期の営業利益予想が上振れ(昨年12月25日比)

    今期の営業利益予想が下振れ(昨年12月25日比)

    来期は売上高が今期予想比4.0%増の715兆4155億円、営業利益が同6.9%増の53兆5793億円、経常利益が同8.1%増の54兆8486億円、当期純利益が同7.1%増の37兆273億円となった。

    ■2020年3月期の業績予想

    関連記事

    1. 【朝イチ便利帳】26日 3月権利付き売買最終日 2月の米住宅着工、3月消費者信頼感指数

    2. 【朝イチ便利帳】25日 gooddaysHDが上場、3月の独ifo企業景況感指数

    3. ネット融資仲介「貸付先の非匿名化は歓迎」 クラウドクレジット杉山社長

    4. 【朝イチ便利帳】22日 全国CPI、ユーロ圏?米などのPMI、米中古住宅販売件数

    5. 【QUICK Forecast企業業績】3/19時点 今期の営業利益1.6%増、来期は6.3%増益

    6. 【朝イチ便利帳】20日 3月の月例経済報告、FOMC結果発表と議長会見

    7. 【朝イチ便利帳】19日 FOMC(~20日)、公示地価、2月の訪日外国人客数

    8. 【朝イチ便利帳】18日 2月の貿易統計、1月のユーロ圏貿易収支

    人気記事ランキング

    1. 登録されている記事はございません。

    アーカイブ

    PAGE TOP
    大连码垛机