• インドネシア、成長のカギ握るインフラ整備 HSBCレポート

    HSBCインドネシアCEOスミット?ダッタ氏(写真左)、グローバル?バンキング部門東南アジア統括責?#25569;攛攻匹)`?#33437;?ウィリアムズ氏(右)がインドネシアの今後の経済成長につい?#21305;轔荸`?#36259;筏蓼埂? ■島しょ国家、エネルギー網や輸送網に大きな制約 インドネシアはアジア通貨危機後の低迷期以来、大きく発展してき?#20426;?#19990;界第?#27425;護?#20154;口を持ち、現在では購買力平価ベー?#24037;?#19990;界第7位?#21462;?#26481;南アジアでは圧倒的な経済規模を誇る。経済成長率は過去10年間のほ?#36259;螭嗓?#26399;間で年率?#25285;?#20197;上?#36259;勝輟?018年についてもHSBCでは5.2%?#36259;い?#22533;調な成長率を予想している。 インフラ開発はこのような経済成長の原動力であり、今後もインドネシアの大きな潜在力を一?#21491;?#20986;?#24037;Δà?#26997;めて重要?#36259;撙槨欷搿?民族的に多様であり、インドからオース?#21435;楗轔ⅳ蓼?#20114;いに遠く離れた国と領海を接している島国であるインドネシアは、物理的にも経済的にも舵取りが非常に難しい国だ。送電網は断片化しているうえ、1万7000以上もの島々を隔てる海を渡る、もしくは陸路で移動したり輸送したり?#24037;毪韋摔?#26178;間がかかり、負担が大きい。 急速な都市化、気候変動による影響への脆弱性、中部のスラウェシ島を9月に襲った巨大地震と津波のような自然災害の影響を受けや?#24037;い郡帷?#25345;続可能かつ効率的なインフラがま?#24037;蓼?#27714;められている。 インフラ整備は交通、通信、エネルギーなどの接続性および災害レジリエンス(強靭性)を改善させるだけでなく、インドネシアの経済を次の段階へと引き上げるこ?#36259;摔?#24441;立つはずだ。 ■交通、公衆衛生から教育?医療まで 言うまでもなく、これまで急速な進歩が見られた分野もいくつかある。例え?#23567;?#31354;路拡充により多くのインドネシア人が遠方の島々と都市の間を移動できるようになっ?#20426;?#22269;内航空路線の旅客数は2005年から3倍以上に増え、昨年は9700万人近くに達している。インドネシアは近いうちに日本を抜いて世界第?#27425;護?#33322;空旅客市場になる可能性がある。 インドネシア政府が2015年にま?#36259;幛駿ぅ螗榨?#38283;発5カ年計画は素晴らしい出発点だろう。この計画には、今年だけで全国で800km以上の道路建設の計画や空港整備、上下水道および公衆衛生の改善などが盛り込まれている。 石油やガ?#24037;?#31934;製所を改修?拡大?#24037;?#35336;画もあり、電力?#20114;咯`では新たな高電圧送電網を構築中だ。 ま?#20426;?#25945;育と医療の利用拡大に向けた取り組みも進行中だ。これらのソフ?#21435;ぅ螗榨槨稀?#23558;来インドネシアの若年人口(3分の1以上が20歳未?#28023;─?#32076;済発展に一層貢献?#24037;毪郡幛?#27424;かせない。 ■旺盛な資金需要、多様な調達手段が不可欠 資金需要は極めて旺盛だ。5カ年計画のも?#36259;?#20104;定されているインフラ?プロジェク?#36259;?#25237;資総額は3300億米ドル以上、または今後2年間で目標?#36259;丹欷?#25237;資額は約1000億米ドル?#36259;勝盲皮い搿?#25919;府および国営企業からの投資ではこの一部しか確保できないため、民間部門ならびに国外からの資金調達が不可欠だ。 中国は自国が掲げる一帯一路構想の一環?#36259;筏匹ぅ螗喪庭伐ⅳ違ぅ螗榨?#35336;画に積極的に関わろう?#36259;筏皮輟ⅳ工扦摔勝轆?#36039;金が流入している。日本や韓国もインドネシアのインフラに多額の投資をしている。法律および資本市場の枠組みを国際基準に合わせるための改革を継続?#24037;毪勝傘ⅴぅ螗喪庭伐ⅳ丐?#25237;資の魅力と開放性を高めるこ?#36259;?#25919;策立案者や規制?#26412;證?#20027;な任務?#36259;勝毪坤恧Α?世界経済フォーラムの国際競争力リポー?#36259;摔い啤?#35413;価対象の137カ国の中でインドネシアのランキングが昨年の41位から今年は36位に上昇したこ?#36259;?#27880;目?#24037;伽?#36914;歩である。 ま?#20426;ⅴぅ螗喪庭伐ⅳ?#24613;成長分野のグリーンファイナンス(環境問題解決のための資金調達)を主導しており、グリーンボンド国債およびイスラム債(スクーク)の枠組みを定め、今年初めにはグリーン?スクーク国債を世界に先駆けて発行し?#20426;¥長Δ筏?#21462;り組みにより、インドネシアは高まるグリーンボンドへの国際的?#24066;?#35201;に対応している。調達資金は再生可能エネルギーや持続可能な輸送シス?#21305;啶勝嗓?#29872;境配慮型プロジェク?#36259;?#27963;用している。 ■改善?#24037;?#36001;政、起業意欲が高い若年層などが強み 他の多くの発展?#26087;?#22269;と同様、インドネシアの経済は貿易摩擦やコモディ?#21305;?#20385;格の変動、さらには世界の投資家心理の影響を受けや?#24037;ぁ?#36984;挙を巡る思惑に政策決定が左右される側面もある。新興国市場に対?#24037;?#35686;戒感から、インドネシアルピアは対米ドルで数年ぶりの安値圏にある。 ま?#20426;ⅴ攻楗ΕД?#23798;地震によって、インドネシアが環太平洋火山帯の上にあるこ?#36259;?#29305;に地震や火山噴火、その他の自然災害が発生しや?#24037;い長趣?#25913;めて認識されている。 しかし、インドネシアは1997年のアジア通貨危機、あるいは2013年の「テーパー?タン?#21435;楗唷工?#26399;間よりもはるかに良い状態にある。依然?#36259;筏?#32076;常赤字国ではあるが、政府は持続可能な経常収支に向け?#31354;?#31574;を?#36259;盲皮い搿?#19968;方で外貨準備高は増加してきており、対外債務は減少している。 豊かさが増し、都市化は急速に進展している。人口の層が厚い若い?#26469;膝匹違恁俯`に精通しており、過去わずか数年間で多くのインターネット関連のスター?#21435;ⅴ氓?#20225;業を生み出しているこ?#36259;?#20341;せて考える?#21462;?#32032;晴らしい長期的な経済展望が見えてくる。 持続可能で気候変動に対?#24037;?#32784;性が高く、情報通信技術を活用し?#21305;攻蕞`?#36259;?#36939;用されるインフラ、そし?#24179;?#34701;が、今後数年および数十年先にわたってこの潜在力をより一?#21491;?#20986;していくはずだ。 ※本情報は、情報の提供を目的?#36259;筏皮輟?#25237;資その他の行動を勧誘?#24037;毪長趣?#30446;的?#36259;筏郡玀韋扦悉ⅳ轆蓼護蟆?#26377;価証券その他の取引等に関?#24037;?#26368;終決定は、お客様ご自身のご判断と責任で行って下さい。株式会社QUICKおよび情報提供元であるスミット?ダッタ氏、ス?#21305;)`?#33437;?ウィリアムズ氏は、本情報を利用して行った投資等により、お客様が被っ?#20426;ⅳ蓼郡稀?#34987;る可能性のある直接的、間接的、付随的または特別な損害またはその他の損害について、一切責任を負いません。

    アボガドから電気自動車まで、存在感増す中国の消費者 HSBCリポート

    HSBC中国の社長兼CEO(最高経営責?#25569;擼─違釬ぅ籟%氓?リャオ氏が、存在感を増している中国の消費者につい?#21305;轔荸`?#36259;筏蓼埂? ■新?#26469;?#28040;費の洗練 中国において消費者の味覚は急激に変化しています。7年前には中国のアボカドの輸入量は約30?#21435;螭?#36942;ぎず、中国の食卓に滅多に上がるこ?#36259;韋勝ぁ?#20013;米原産の果物で変わった食材でしかありませんでし?#20426;?しかし2017年になる?#21462;ⅴ隸轆湞幞伐場ⅴ讠氅`から中国が輸入したアボカドの量は3万2200?#21435;螭取ⅴⅴ堀?トースト2億食分をまかなうのに十分な量に達しています。 中国の?#34928;濠`リッチの贅沢さや、スイ?#24037;?#39640;級時計からデザイ?#26045;`?ハンドバッグ、?#20379;`パーヨッ?#36259;蓼扦ⅳ槨妞毳猊韋丐?#20006;外れた影響については近年多く語られてきています。しかし、中国は単に「クレイジー?リッチ!」(2018年公開の米国映画)の国?#36259;いΔ長趣坤堡扦悉勝?#23500;が都市中心部から地方の中核地域に波及?#24037;毪摔膜臁ⅴぅ螗咯`ネッ?#36259;?#31934;通し聡明でより高学歴の新?#26469;?#20013;心?#36259;勝輟?#28040;費がさらに洗練され包括的になっているこ?#36259;悉ⅳ蓼?#35469;識されていません。 保護主義の高まりや貿易摩擦により世界中で企業に?#36259;盲皮?#19981;安が増?#24037;勝?#20170;こそ国際的企業はこうした新しい消費者と商品需要をけん引?#24037;毪餞?#28508;在力に目を向ける?#36259;勝韋扦埂?中国がグローバル企業に?#36259;盲?#37325;要なターゲット市場であるこ?#36259;?#30097;問の余地はありません。公式推計による?#21462;?#20013;国は2018年から2022年?#21361;?#24180;間に8兆米ドル相当の商品を輸入?#24037;毪趣撙槨欷皮い蓼工ⅳ長欷希?#24180;当たり平均1兆6000億米ドルに上り、昨年のカナダまたは韓国?#21361;牽模肖摔郅?#21305;敵します。 ■中国、世界の商品が向かう市場に 訪日?#24037;?#20013;国人の数も増加し続?#34180;?#20013;国人旅行客の数は他国を上回っています。経済産業省の平成29年度の「電子商取引に関?#24037;?#24066;場調査?#24037;摔瑜毪取?#20013;国でクロスボーダー(国境を越えた)電子商取引を用いて日本の商品を購入した買い物客の40.4%が、過去の訪日時?#36895;Iったお気に入りの商品を再度購入したと答えています。 日本の企業から中国の消費者がクロスボーダー電子商取引を通じて購入した総額は前年?#21361;?#20806;366億円から25.2%増加して1兆2978億円に上りまし?#20426;?HSBCの「ナビ?#21338;`ター?レポー?#21462;工摔瑜毪取?#21152;工用の中間財および増加?#24037;?#20013;国の富裕層を満足させる最終財の双方の需要を反映し、2017年から2030年の間に中国の財貨輸入は平均で年間約?#31119;?#22679;加?#24037;毪?#20104;想しています。中国は?#24037;扦?#26085;本の第2位の輸出相手国です。2030年までに中国は米国に代わり日本の最大の輸出市場になると予想されています。 これは中国が輸出および国家主導型の投資にも?#36259;扭い?#25104;長から脱却しつつ、その14億人もの人々の消費を一層促進している?#36259;いΔ長趣扦埂!弗幞ぅ?イン?チャイ?#30465;?#21830;品が全世界の市場に向けて輸出される?#36259;い?#21476;いモデルは、逆に中国自体が他のどこかで作られた製品が向かう先になる?#36259;いΕ猊釬毪摔妞盲轆取ⅳ筏?#30528;実に移行しているのです。 このリバラン?#24037;握駐筏稀?#19978;海でまもなく開催される中国国際輸入博覧会(CIIE)にみられます。過去において中国?#24773;_催された展示会は中国企業の世界に向けた輸出に関?#24037;毪玀韋肖轆扦筏郡ⅳ餞欷趣?#23550;照的に、このイベン?#36259;?#22806;国企業による中国市場での販売を目的?#36259;筏郡玀韋扦埂?1月5~10日?#21361;?#26085;間にわたり、数十万平方メー?#21435;毪玀握?#31034;スペー?#24037;?#22269;際的な出展者に提供され、食品から医薬品、家電、自動車などの製品が展示されます。 ■可処分所得、40年で100倍 中国政府が経済改革に着手し、外国投資家に国を開放して以来40年の間に拡大してきた購買力が企業を引き寄せています。2017年には都市部世帯の一人当たり可処分所得は3万6396元(5600米ドル)?#36259;勝輟?978年当時の100倍に達しまし?#20426;¥蓼俊?#36786;村部世帯の所得も増加しています。 こうした中国の消費者は単?#32032;Nかになってきただけではありません。マッキンゼーのレポー?#36259;摔瑜毪取?#20013;国の消費者はより健康志向で、環境に配慮しており、?#33437;楗螗嗓?#36092;入?#24037;?#29289;の品質についてま?#24037;蓼?#24847;識が高くなっています。 アボカドに象徴されるこのような中国の消費者の嗜好の変化に企業は気づき?#28608;幛皮い蓼埂?2008年に撤退し、昨年中国に再参入したタコベル(Taco Bell)は、余計?#25163;?#21066;減し、より健康的なアボカド??#33437;轔醛`を新たな中国の第1号店舗で販売しています。上海だけでも、現在では160店舗以上のレス?#21435;楗螭釬攻蕙氓伐濂?アボカドを載せたトース?#36259;?#25552;供されています。これは、西洋のミレ?#34928;ⅴ朧来?#38291;で人気が出たこ?#36259;摔瑜?#26377;名になったメ?#34928;濠`です。 スターバック?#24037;?#20013;国でコーヒー愛飲者が増加したこ?#36259;摔瑜輟?#21516;社の最大市場が米国から中国に代わる?#36259;撙皮輟ⅴ匹攻槨?025年までに世界の電気自動車販売台数の約半分を購入?#24037;毪?#20104;想されている中国のドライバーをターゲッ?#36259;摔筏皮い蓼埂?さらに電子商取引の拡大もあり、消費の裾野が広がってきています。アリババやJDドッ?#21435;償啶勝嗓違抓楗氓去榨┅`ム運営企業が、裕福な沿岸地域から内陸部の比較的小規模な都市や町まで世界中の商品を届けています。最近では、奥地の農村地域の消費者でも、村に拠点を置く貨物倉庫やオート三輪またはドローンを?#24037;盲匹芝楗螗?#29289;の粉ミルクやオムツを赤ん坊のため?#36895;?#20837;?#24037;毪長趣?#21487;能です。 ■長期的に潜在力は大きく 確かに、中国のように巨大で複雑かつ急速に進展している市場に売り込むには困難が伴います。 経済が成熟?#24037;毪郅傘?#25152;得はかつてほど急速に増えるものではありません。そして現在の貿易摩擦が企業や消費者心理に悪影響を及ぼ?#24037;長趣?#35328;うまでもありません。 そのうえ、外国企業は変化し続ける消費者の嗜好?#21462;?#38651;子商取引?#21435;釬弗駿?ペイメント??#26411;`ルの目まぐるしい急速な発展に対応?#24037;?#24517;要があります。ま?#20426;?#20426;敏でハイ?#21305;?#21270;の進んだ現地企業?#36259;?#28608;化?#24037;?#31478;争にも備える必要があります。?#21305;攻槨?#22580;合、「中国の?#21305;攻欏工?#30446;指してしのぎを削る数多くの現地の電気自動車企業と競合しており、コーヒー業界では?#26412;─?#26412;拠を置くラッキン?コーヒーが設立から1年足らずのうちに何百店舗をも開店し、スターバック?#24037;?#33029;かしています。 しかし、こうしたこ?#36259;?4億人の消費者が全世界の輸出企業の対象?#36259;勝搿?#26997;めて大きな長期的潜在力を弱めるものでは決してありません。上海のカフェで?#33437;楗螗瀝?#27005;しんでいるミレ?#34928;ⅴ朧来?#28246;南省?#26410;澶釬啷膜?#23626;くのを待っている子育て?#26469;?#33267;るまで、中国の消費者はより一層裕福に、そして見識も豊かになっています。かつてないほど中国の消費者は企業に?#36259;盲啤?#26368;も重要なターゲット市場?#36259;勝盲皮い蓼埂¥餞欷?#19990;界中の輸出企業が11月に上海?#24605;?#29702;由であり、国際的に収益を拡大したい?#24037;伽皮?#20225;業が、?#24037;挨?#20013;国に参入?#24037;伽?#29702;由なのです。 本情報は、情報の提供を目的?#36259;筏皮輟?#25237;資その他の行動を勧誘?#24037;毪長趣?#30446;的?#36259;筏郡玀韋扦悉ⅳ轆蓼護蟆?#26377;価証券その他の取引等に関?#24037;?#26368;終決定は、お客様ご自身のご判断と責任で行って下さい。株式会社QUICKおよび情報提供元であるデイヴィッド?リャオ氏は、本情報を利用して行った投資等により、お客様が被っ?#20426;ⅳ蓼郡稀?#34987;る可能性のある直接的、間接的、付随的または特別な損害またはその他の損害について、一切責任を負いません。

    ベ?#21435;圣啶危停Γ?#24066;場活況、経済成長が後押し HSBCレポート

    HSBCベ?#21435;圣唷ˉ鄆`ルセール?バンキング統括責?#25569;撙違Ε%螗榨)`ルド?ウォン(Winfield Wong)氏が、活発なベ?#21435;圣啶危?amp;A(合併?買収)につい?#21305;轔荸`?#36259;筏蓼埂? ■過去最高の案件数、F?#35029;瀝?#22909;機に 2017年に過去最高の案件数を記録したベ?#21435;圣?#22269;内?#21361;?amp;Aは、投資家の旺盛な投資意欲にけん引されて一段と伸びよう?#36259;筏皮い搿?#21147;強いG?#27169;?#25104;長、良好な人口動態、そして国有企業を株式会社化?#24037;?#35336;画が豊富に控えているこ?#36259;勝嗓?#25237;資環境を後押ししている。投資家はベ?#21435;圣啶?#25265;えるいくつか?#25569;n題をこれまで以上に十分に認識?#24037;?#24517;要があるが、好機を捉えるためには素早く行動?#24037;毪伽扦ⅳ恧Α?ベ?#21435;圣啶膝ⅴ弗?#22320;域で最も活発なM&A市場の一つである。2017年の取引金額は、前年比175%増加して102億米ドルに達し?#20426;?#20195;表的なもの?#36259;筏啤ⅴ駿い物?#26009;最大手タイ?ビバレッジが国営ビール大手サイ?#35302;螗螢`ル?アルコール飲料総公社の株式の54%を48億米ドルで取得した案件や、シンガポール拠点の自動車販売会社ジャーディン?サイクル?アンド?キャリッジが乳製品製造大手ビナミルクの株式?#21361;福イ潁?#20740;米ドル超で取得した案件が挙げられる。2018年も勢いは持続し、1~6月の取引金額は35億5000万米ドルに達して前年同期比155%増?#36259;勝盲皮い搿?さら?#34928;佶去圣啶危?amp;Aは、大規模案件の成立と案件数の増加に?#36259;嗓蓼槨骸?#19968;段と深く広範に進展している。昨年は消費財や小売、インフラ、不動産、鉱工業?#36259;い盲?#24195;範な?#20114;咯`において?#20572;Γ?#26696;件数が過去最高に迫っ?#20426;?成功をけん引している要素?#36259;筏啤ⅳ蓼亥佶去圣啶?#22533;調なマクロ経済がある。2017年の経済成長率は前年比6.81%に達し、2018年と2019年の成長率はいずれも同6.7%と予想される。ベ?#21435;圣啶?#19990;界で最も速いスピードで成長している経済圏の一つである。この力強い経済を支えているのは中間層人口の急速な増加であり、ボス?#21435;螗償螗單毳匹%螗哎哎氅`プは2020年まで?#34928;佶去圣?#22269;内の中間層は倍増し3300万人に到達?#24037;毪?#20104;想している。 政府が多くの国々と自由貿易協定(F?#35029;粒─?#32080;んだこ?#36259;?#22909;機を生み出し、投資家はベ?#21435;圣啶丐?#25237;資に一段と前向きになっている。 ■待ち受ける400社あまりの民営化 さらに、政府が積極的に国営企業の民営化を進めているこ?#36259;停Γ?#22679;加の最も重要な要因であるこ?#36259;?#38291;違いない。 政府は国有企業株式の取得を投資家に促している。政府計画では、財政収入の増加?#26085;?#24220;支出の削減を念頭に400社あまりの国有企業の株式を売り出?#24037;長趣摔勝盲皮い搿?#24314;設や?#21305;違恁俯`?#36259;い盲?#26989;種への一段と多岐にわたる投資機会が提供されるこ?#36259;摔勝搿?国有企業の民営化案件を?#21305;長耍停Γ?#24066;場の発展が加速?#24037;欷小ⅳ窯い皮?#22806;国人投資家の増加を通じ?#21305;佶去圣?#20225;業のガバナン?#24037;?#21521;上?#24037;毪長趣摔玀勝搿?#19990;界銀行が世界190カ国?地域の起業のしや?#24037;丹勝嗓?#38918;位付け?#24037;毳鷹弗庭?#29872;境ランキングの2018年版で、ベ?#21435;圣啶?017年版から順位を14位上昇させて68位に躍進。これは外国人投資家の増加が寄与したと考えられる。 2017年はベ?#21435;圣啶危停Γ?#24066;場でタイ企業?#20301;?#21205;が特に活発だっ?#20426;#齲櫻攏盲膝駿い?#25237;資家が参加した最大級の案件の数多くで主導的役割を果たし?#20426;?#20855;体的にはフラン?#24037;?#27969;通大手カジノ?グループのリード?ファイナンシャル?アドバイザーを務め、大型?#20379;`パー?#21361;攏椋?Cベ?#21435;圣啶頷駿?#26368;大の流通系コングロマリッ?#36259;違互螗去楗?グループに11億米ドルで売却?#24037;?#26696;件を主導し?#20426;¥蓼客袱駿い違單ぅⅴ?シ?#21305;??#20114;幞螗趣攻ぅ工?#24314;設資材大手ラファージュホルシムのベ?#21435;圣?#20107;業の65%を取得?#24037;?#26696;件では、サイアム?シ?#21305;??#20114;幞螗?#20596;のファイナンシャル?アドバイザーを務め?#20426;?#21462;引金額は8億7500万米ドル?#21462;ⅴ佶去圣啶?#24314;設資材?#20114;咯`では過去最大の案件?#36259;勝盲俊?■標準ルールづくりや情報開示、規制緩和などに課題も このよう?#34928;佶去圣啶?#23550;?#24037;?#25237;資環境は進歩している一方で、投資家は引き続き多く?#25569;n題に直面している。 現在のベ?#21435;圣?#25919;府は、国有企業の民営化の成功事例などから色々なこ?#36259;?#23398;んでいる段階で、標準的なルールや手法はまだ定まっていない。理由の一つは、民営化の戦略的目標と目的がそれぞれの国有企業ご?#36259;水悿勝毪槨扦ⅳ搿?ベ?#21435;圣啶扦蜯&Aにおいて、得られる情報は先進国市場と常?#36865;?#27700;準?#36259;?#38480;らない。投資家は買収先のバリュエーションの確認を十分に行うこ?#36259;?#24517;要である。幸いベ?#21435;圣?#25919;府はこうした投資家の懸念に配慮し、取引プロ?#20114;工?#21512;理化や情報の利便性向上、規制緩和などに取り組んでいる。 グローバルな投資家の中には、ベ?#21435;圣?#22269;内の投資家?#21435;倆`ムを組んで投資?#24037;?#25126;略を進める動きもある。また投資家は、国内市場に十分な地歩を築いて総合的なサービ?#24037;?#25552;供できる銀行を選ぼうと考えるだろう。 ベ?#21435;圣?#24066;場に長く関わってきたHSBCは、?#20572;Γ隸ⅴ喪嘯ぅ頂戛`や買収ファイナンス、キャッシュ?マネジメン?#21462;ⅴ攻去釬¥頦悉袱幛趣工?#37504;行サービ?#24037;?#20840;てを包括的に備えており、投資家の要求を十分に満た?#24037;長趣扦?#31435;場にある。さらにHSBCはベ?#21435;圣?#24066;場を深く理解しており、投資家が現地の規制を把握?#24037;?#38555;に手助けしたり、現地のステークホルダーと取引を進めたり?#24037;毪Δà?#20778;位な立場にいると自負している。ベ?#21435;圣啶蜯&A市場で20?#20445;?#24180;から17年まで、?#20572;Γ隸ⅴ喪嘯ぅ頂戛`業務を提供?#24037;?#37504;行?#36259;筏?#39318;位に立ったのは、長い年月をかけて獲得した専門知識の賜物だ。 様々な課題があった?#36259;筏皮狻ⅴ佶去圣啶扦?#25237;資機会が損なわれるこ?#36259;悉勝ぁ%佶去圣啶?#25237;資対象?#36259;筏?#26368;も躍動的で刺激的な市場であるこ?#36259;稀?#30342;が認識している。ベ?#21435;圣啶危停Γ?#27963;動が今後数年にわたって、ま?#24037;蓼?#27963;発になるこ?#36259;?#30906;実である。 ※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。

    インフラ投資、成長と環境の両輪で アジアの役割大きく HSBCリポート

    QUICKは「アジア特Q便?#24037;?#38988;し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回はHSBC?#20114;螗咯`?オブ?サス?#21305;ぅ圣芝?ファイナン?#24037;違蕙桐`ジング?ディレクター、?#20140;`イ?ナイト(Zoё Knight)氏が世界で求められるインフラ投資につい?#21305;轔荸`?#36259;筏蓼埂?   ■自然災害、気候変動への対応?#27927;盲郡勝?昨年は、世界各地で天候に起因?#24037;?#33258;然災害が重なり、社会や経済に打撃を与えた年?#36259;筏?#35352;憶に残る1年?#36259;勝盲俊?#31859;国はハリケーン「ハービー」、中国南部は台風「ハ?#21462;埂ⅳ餞筏匹ⅴぅ毳楗螗嗓?#33521;国はハリケーン「オフィーリア?#24037;?#35186;われ、ま?#21487;交?#20107;が米国カリフォル?#34928;?#24030;やスペイン、ポル?#21435;毪?#29467;威をふるっ?#20426;¥丹槨衰ぅ螗嗓湞嘯螗哎楗釬伐濉ⅴ庭雪`ルでは洪水で大きな被害が発生し?#20426;?これらの自然災害が警告?#24037;毪趣長恧?#26126;らかである。気候変動がもたらす影響は苛烈なものであり、多角的な対応策を世界全体で早急に講じる必要がある。 極めて難しい課題だ。多くの科学者の指摘では、世界の気温上昇を産業革命前に比べ2度以内に抑える必要がある。そのためには、過去1世紀半にわたって築き上げられてきた数多くの経済活動を見直し、再構築しなければならない。工場や発電所では二酸化炭素排出削減が求められる。建築物や都市全体のエネルギーや水?#20301;?#29992;効率を向上?#24037;?#24517;要がある。輸送?#21435;ē庭毳`のシス?#21305;啶?#21270;石燃料から脱却?#24037;?#24517;要がある。さらに道路やダム、住宅、通信網を、頻発?#24037;?#28608;しい?#24037;?#28023;面上昇に耐えられるものにしなければならない。 こうしたシフ?#36259;?#23550;象がまさ?#34928;ぅ螗榨槨扦ⅳ輟ⅴぅ螗榨?#25237;資について現在下されている決定が今後数十年にわたる気候変動?#36259;?#25126;いにおいて重要な意味を持つこ?#36259;摔勝搿%ぅ螗榨?#35336;画の多くは完成までに数年を要し、中には数十年かかるものもある。従って、単純に現在の世界情勢に合わせて事業や投資の計画を立てるべきではなく、気候変動のシナリオを考慮し、今後15年、20年あるいは30年先の将来を見据えて二酸化炭素削減の必要性を織り込んでいくこ?#36259;?#26997;めて重要である。 いずれにせよ、世界全体がインフラ投資を必要?#36259;筏皮い毪韋?#20107;実だ。世界経済は絶え間なく進歩し、労働者と企業の生産性向上が常に求められる。地方から都市部へ移動?#24037;?#20154;の数はま?#24037;蓼?#22679;加している。アジアやアフリカをはじめ世界の多くの地域で人口は増加している。こうしたあらゆる背景から、より多くのエネルギーや輸送、住宅、通信網やITネッ?#21435;鐒`クへの需要が着実に生まれている。 ■今後15年で100兆ドル規模が必要に 今後のインフラ投資は2つ?#25569;n題を満たせるよう?#24066;韋?#23455;施?#24037;毪長趣?#27714;められる。?#24037;勝銫?#29983;産性を向上させ経済成長を実現させるだけでなく、並行して炭素ガ?#21476;?#20986;の最少化を目指す方法に基づいて経済や社会を気候変動の影響に適応させていくこ?#36259;摔勝搿?そこには相応の費用が生じる。古いシス?#21305;啶?#21047;新と成長促進?#36259;いΓ菠膜?#30446;的を果た?#24037;郡幛摔稀?#19990;界全体で、今後15年間で100兆米ドル規模のインフラ投資が必要になるだろう。さらに将来的に気候変動の影響に対応?#24037;?#36027;用がこれ?#24605;嬰銫毪長趣摔勝搿%ぅ螗榨槨?#21407;型が環境に配慮し?#20426;弗哎戛`ン?#24037;勝玀韋扦ⅳ?#26041;が将来的?#34928;抓楗工饋?おそらく最も喫緊で、かつインパク?#36259;?#22823;きい変化が求められているのはエネルギーインフラである。発電?#20154;?#38651;を担う電力シス?#21305;唷ⅳ餞筏?#38651;力を消費?#24037;?#20596;の交通シス?#21305;啶?#24314;築物、都市と同様2つ?#25569;n題に対応しなければならない。まずは太陽光発電や風力発電等の低炭素型?#26410;?#26367;エネルギーを利用?#24037;毪勝嗓筏啤?#38651;力の消費あるいは?#36895;Mを抑えて排ガ?#24037;?#21066;減していく必要がある。次に気候変動の影響への対応力をより高めなければならない。 幸いにも、足元では建設?#20114;咯`、そして再生可能エネルギー開発の分野の技術やプロジェク?#36259;?#21521;けて投資マネーが次々と流入している。 この変化の過程でアジアが果たす役割は大きい。都市化や人口成長、持続的な経済拡大を背景に、アジアは今後数年間の世界全体の需要増加の約60%を?#28608;幛毪?#32771;えられる。?#29575;?#21177;果ガ?#24037;?#25490;出量においてそれぞれ世界第1位と第3位を?#28608;幛?#20013;国?#21435;ぅ螗嗓稀ⅳい氦欷猊哎戛`ン経済を目指して本格的な取り組みを進めている。例え?#23567;ⅴぅ螗嗓摔?022年までに175ギガワット(GW)の電力を再生可能エネルギーから生み出す計画がある。また中国は太陽光発電、風力発電、電気自動車の分野で?#24037;扦?#20027;導的立場にある。 ■民間マネー?#20301;?#29992;が不可欠 このような世界的なエネルギーシス?#21305;啶?#31227;行に要?#24037;?#33707;大な費用を、公的部門だけで賄うこ?#36259;想yしく民間資金?#20301;?#29992;が重要になる。HSBCが昨年9月に発表した委託調査によれ?#23567;?#19990;界各国の機関投資家?#21361;?#20998;?#21361;菠ⅳ蓼轆?#20302;炭素や気候に関連?#24037;?#20107;業への投資拡大の方針を示している。 日本では昨年、世界最大の年金基金であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、環境?社会?企業統?#21361;ǎ牛櫻牽─?#37197;慮している企業で構成される3つの日本株指数を選定し、この指数に連動したパッシブ運用を合計1兆円規模?#24773;_?#28608;筏郡?#30330;表し?#20426;?#26085;本国内ではESG投資が注目され、より多くの機関投資家が企業に対して環境問題に取り組むこ?#36259;?#35201;求している。また日本政府は国内企業に、事業と戦略にS?#27169;牽螅?#25345;続可能な開発目標)を織り込むこ?#36259;洹?#37117;市化や気候変動から問題が生じている諸外国に向けてその問題に対処?#24037;毪郡幛?#36074;の高いインフラや先進技術を輸出?#24037;毪長趣?#20419;している。 人口増加、都市化、経済発展、生産性向上、そして気候変動?#21462;?#19990;界各国?#25569;?#24220;はさまざまな課題への対応を迫られている。こうし?#31354;n題に解決?#24037;?#20849;通の鍵?#36259;勝毪韋稀?#20108;酸化炭素排出が少なく効?#24066;預?#20778;れ、また世界的な気温上昇によっ?#24179;?#26469;発生?#24037;?#21487;能性のある物理的影響に適応?#24037;毪郡幛違ぅ螗榨槨扦ⅳ搿?#30452;近の技術進歩によって環境に配慮し?#20426;弗哎戛`ン?#24037;?#36984;択肢は単に環境面だけでなく、経済的そして経営的な面からも意義のあるもの?#36259;勝盲皮い搿¥郡坤?#26089;急に行動を起こす必要がある。将来の問題を最小限に抑えるためには今日決断?#24037;毪長趣?#26997;めて重要である。 ※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。

    改革開放40年、中国経済の「これから」(HSBCリポート)

    QUICKは「アジア特Q便?#24037;?#38988;し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回はHSBCグループ香港上海銀行副会長兼チーフ?エグゼク?#21305;%證違冤`ター?ウォン(Peter Wong)氏が40周年を迎える中国の改革開放につい?#21305;轔荸`?#36259;筏蓼埂? 人の一生と同じ時間軸の中で、中国は農業共同体による農民中心の国から最先端のデジタル技術と消費が主導?#24037;?#22823;国に変貌を遂げ?#20426;¥長欷膝攻蕞`?#21435;榨━螭?#36001;布代わりに利用?#24037;?#28040;費者がけん引した変化である。 今年中国は、経済改革と開放に舵を切ってから40周年を迎える。千里の道も一歩から?#36259;い?#35578;(こ?#36259;銫叮─ⅳ毪ⅳ蓼丹?978年12月18日に中国は開放政策を取り入れ国内経済の運営と方向性を転換させるこ?#36259;?#23459;言してその第一歩を踏み出し?#20426;?それ以来、中国の経済運営は、かつての厳格な中央統制の下で国家が主導?#24037;?#36664;出主体の経済から市場の役割を高めた内需主導の経済へと発展してき?#20426;?過去40年間の中国の国内総生産(G?#27169;校?#25104;長率は平均で年率10%であり、同期間の米国?#21361;牽模?#25104;長率?#21361;?#20493;を記録している。また一人当たりG?#27169;肖?978年当時の156米ドルから2016年には8123米ドルまで増加し、8億人を超える国民が貧困を脱し?#20426;?016年の米国の一人当たりG?#27169;肖低?638米ドルであるこ?#36259;?#27604;較?#24037;欷小?#20013;国には今後一段の成長余地がある。 現在?#24037;扦?#20013;国の経済規模は購買力平価ベー?#24037;?#19990;界最大である。また工業製品輸出と外貨準備高も世界最大である。さらに中国はグローバリゼーションや気候変動対策において主導的役割を担うこ?#36259;?#31309;極的に目指している。こうした目覚しい実績の全ては、中国の経済と社会の弛まぬ努力と広範な変革によってもたらされたものである。 ■改革開放からグローバルな役割への旅立ち 中国は、かつて国内経済?#20301;?#30436;だった農業の集団生産化を改めるこ?#36259;?#32076;済の不均衡を是正?#24037;?#21462;り組みに着手し?#20426;¥餞欷摔?#36786;業に契約責任制を導入?#24037;毪長趣勝嗓?#30427;り込まれ、農業従事者は集団で生産?#24037;毪韋扦悉勝?#22303;地ご?#36259;?#21106;り当てられた収穫高を上回る生産高を達成?#24037;欷小ⅳ餞?#36229;過部分を獲得?#24037;毪長趣扦毪瑜Δ摔勝盲俊¥蓼?#20013;国政府?#30456;_鎮企業?#36259;いΕ伐攻匹啶?#30906;立し?#20426;¥餞欷頦盲堡?#39135;品やその他の消費財の供給が格段に増加し、国内経済?#20301;?#21147;と事業環境は大きく変化していっ?#20426;?#22320;方の改革は中国の将来の経済成長やグローバル経済へ参加?#24037;毪郡幛位?#30990;?#36259;勝毪玀韋扦ⅳ搿?1980年代には中国は国際貿易を拡張し、外国から国内への対内直接投資(F?#27169;桑─?#35299;禁し?#20426;?980年に深?#20114;蟆?#29664;海、厦門、汕頭?#21361;搐膜?#32076;済特区が設けられたこ?#36259;餞欷?#26368;も端的に表している。 経済特区は外国資本?#25569;T致や改革実験の推進、輸出主導の経済の創出において成功を収めている。1991年の中国へ?#21361;疲模嗓?3億7000万米ドルだったが、それ以降中国へ?#21361;疲模嗓?#32118;対額と比率は大幅に上昇し、2016年には1260億米ドルに到達している。 さらに中国は沿岸や国境沿いの都市、内陸部の主要都市を徐々に開放し、最終的にはその他の都市も開放している。それにより先進国経済圏の労働集約的な製造業が中国に引き寄せられてき?#20426;?#29694;在では経済特区モデルが11の新しい自由貿?#33258;?#39443;区に発展し、サービス業やイノベーションの改革をはじめ?#36259;工?#23558;来の国家的改革の試験場?#36259;筏?#27231;能している。 中国の経済シス?#21305;啶?#22793;更を目指す主要局面では国有企業(SOE)のガバナンス(統治能力)が改善され、価格の段階的な自由化や財政の分権化が進み本格的かつ近代的な銀行シス?#21305;啶?#30906;立されている。 SOE改革は企業の自主性の拡大を目指?#24037;玀韋扦ⅳ輟?#25919;府の干渉を抑制して市場体制を創り出し民間企業間の競争により多くの産業を開放?#24037;毪長趣恰?#31649;理された計画経済から価格主体の市場経済に転換していくものである。 SOE改革のプロ?#20114;工?#29694;在もなお進行中である。さらに中央政府は国有?#20114;咯`の合理化と近代化を通じて世界で競争できるコングロマリッ?#36259;?#21109;設?#24037;?#21462;り組みを続けている。この改革には、組織再編や経営統合、余剰生産能力の削減、労働者の移住などへの対応が盛り込まれている。 中国は2006年末までに金融市場への外国資本参入を自由化?#24037;毪趣?#32004;束を世界貿易機構(W?#35029;希─?#20132;わし、2003年末から金融市場の改革を加速させてき?#20426;¥餞?#25913;革の焦点は銀行、証券、保険?#36259;い盲?#20013;国の金融サービ?#24037;?#20027;要分野に絞られてい?#20426;¥餞?#36942;程で銀行の資本構成の多様化やガバナン?#24037;?#21521;上、プルーデンス規制の導入、国有銀行の株式会社化などが進められ、また主要な証券会社は再編され保険?#20114;咯`の改革も進展し?#20426;?中国は、国内の経済資源の配分を改善?#24037;毪郡幛摔?#39640;度に機能?#24037;?#37329;融シス?#21305;啶?#37325;要であるこ?#36259;?#35469;識している。そのため中国政府はこの数年間に数多くの改革に着手してき?#20426;?#20381;然?#36259;筏?#20013;国人民銀行が基準金利で金利誘導を行ってはいるものの、銀行の預金金利と貸出金利は現在?#24037;扦送?#20840;に自由化され、今や商業銀行はこれらの金利を自由に設定?#24037;毪長趣扦搿¥蓼俊?015年5月から明確な預金保険プログラムが導入され?#20426;?改革のもう一つの側面は、中国の「走出去(海外進出推進)」政策に焦点が当てられている。 国内の資本取引についても、中国?#26412;證希眩模桑桑?#36969;格国内機関投資家)やQFII(適格海外機関投資家)?#36259;い盲?#21427;格?#20351;?#29702;プログラムを通じて慎重かつ緩やかではあるものの過去40年にわたって開放を進めてき?#20426;¥丹槨恕?#39321;港市場と本土市場の間で株式取引と債券取引をつなぐス?#21435;氓償庭趣去堀螗喪償庭趣?#20808;に実現したこ?#36259;?#28023;外から中国の資本市場へ参加?#24037;?#21205;きは拡大している。 中国の資本取引の自由化は実際の数字にも表れてきている。現在の中国は世界第2位の株式市場を擁している。国内株式市場の時価総額は2003年時点の5130億米ドルから2017年10月には17倍の8兆7000億米ドルに成長し?#20426;?#20661;券市場も?#24037;扦?#19990;界第3位の規模に達し?#20426;?人民元の国際化にも?#24037;扦?#22823;きな進展が見られている。わずか10年前までは人民元の利用は中国本土にほぼ限定されていたが、現在では中国の貿易全体の10%超が人民元建てで決済されている。また様々なクロスボーダー取引を通じて海外投資家が中国本土の株式や債券を購入?#24037;毪長趣?#21487;能になっ?#20426;?人民元が準備通貨?#36259;筏皮?#24441;割を果たす事例も徐々に見られるようになってき?#20426;?#20154;民元は2016年10月1日に国際通貨基金(I?#20572;疲─?#29305;別引出権(S?#27169;遙?#27083;成通貨に正式に採用され、米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドの仲間入りを果たしている。世界各国における人民元建ての外貨準備の合計は2016年時点で850億米ドルと全体の0.78%だが、人民元に投資?#24037;?#19990;界の中央銀行の数は2013年時点?#21361;?#34892;から2017年には45行に急増し?#20426;¥丹槨?#26152;年には?#20572;櫻茫嗓?#20013;国A株をエマージング?マーケット指数と?#20572;櫻茫?ACWI指数に今年6月から組み入れるこ?#36259;?#30330;表している。 中国はこれまで40年にわたって主にF?#27169;嗓?#21463;け手であったが、現在では大規模なF?#27169;嗓?#20986;資者でもある。1999年に?#28608;蓼盲?#36208;出去政策の下で、中国の金融関連以外の対外直接投資(O?#27169;桑─?000年時点の10億米ドル未満から2016年には1700億米ドルまで急増している。 また中国は、壮大?#30465;?#19968;帯一路構想?#24037;?#25903;えるアジアインフラ投資銀行、新開発銀行、シルクロード基金?#36259;い盲?#25968;千億米ドル規模の資本を有?#24037;?#22269;際的金融機関や基金の創設も先導している。こうした機関や基金によって、2016年から2030年にかけ?#21305;ⅴ弗ⅳ?#38283;発?#26087;?#22269;で26兆米ドルのインフラ資金ニーズが満たされるこ?#36259;摔勝毪坤恧Α?■移行の新時代 中国は「改革開放?#24037;?#21462;り組みにより、消費や革新、グリーンエネルギーが主導?#24037;?#26032;しい経済成長の時代に踏み出?#24037;長趣?#21487;能になっ?#20426;?変化は?#24037;扦?#29694;れている。内需が着実に拡大?#24037;?#20013;で2017年は最終消費支出が経済成長の58.8%を?#28608;帷ⅳ餞?#27604;率は5年前から4%ポイント近く高まっている。サービス??#20114;咯`で創出された価値はG?#27169;肖?2%を?#28608;帷ⅳ長?#27604;率も5年前から6%ポイント上昇し?#20426;?拡大?#24037;?#20013;間層?#21462;ⅳ瑜?#33258;由?#27663;?#36027;活動を?#24037;?#33509;いデジタル?#26469;?#28040;費者にけん引される中国は、デジタル技術と革新において世界をリード?#24037;?#23384;在になってき?#20426;?#26152;年に中国国内でインターネッ?#36259;丐違ⅴ互工?#25345;つ人口は7億7200万人に達し、?#20998;?#20840;体の人口を超え?#20426;?#20170;や中国は世界のどの国よりもEコマー?#24037;?#27963;発な国になっ?#20426;?#19990;界全体?#21361;鈕償蕞`ス取扱高の42%を?#28608;幛毪郅?#19990;界で最も成功している?#21305;違恁俯`新興企業?#21361;?#20998;?#21361;?#20197;上を擁し、モバイル決済の取扱高は米国の11倍にもなっている。 ただし今後については大きな課題もある。約40年前に膨張?#24037;?#20154;口に対処?#24037;毪伽?#22823;胆な政策を実行した中国だが、現在は人口の高齢化に対処しなければならない?#36259;い?#35506;題を抱えている。従って保険、医療、介護、資産運用などの分野の需要が一段と増加?#24037;毪趣撙槨臁ⅳ餞韋郡幛?#22810;様化した金融シス?#21305;啶?#24517;要になるだろう。さらに経済を持続可能かつ環?#25345;?#35222;型に?#24037;毪長趣?#22269;民や環境のためばかりでなく長期的に持続可能な経済構造のためにも極めて重要になってき?#20426;?世界の貿易と投資をけん引?#24037;?#21407;動力?#36259;筏啤?#20013;国はアジア経済成長の中心的な役割を担いつつアジア地域内の連携を一帯一路構想によってさらに強めよう?#36259;筏皮い搿¥餞欷摔瑜轔ⅴ弗ⅳ?050年までに世界全体?#21361;牽模肖?#32004;52%を生み出す存在になると推計され、世界経済の中心的な存在になっていくと考えられる。従って中国は将来、あらゆる側面で米国を凌駕?#24037;?#19990;界最大の消費者市場と経済規模を有?#24037;?#23384;在になるだろう。   ※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。

    加熱?#24037;?#21322;導体投資 メモリ市場を価格競争の?#24037;?#35186;う

    QUICKは「アジア特Q便?#24037;?#38988;し、アジア各国?地域のアナリス?#36259;?#35352;者の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は台湾の現地記者、李臥龍(リー?ウォーロン)氏が加速?#24037;?#19990;界の半導体大手の増産投資?#36259;餞?#24433;響につい?#21305;欹荸`?#36259;筏蓼埂?韓国サムスン電子、S?#34928;膝ぅ衰氓埂?#26481;芝、米マイクロン??#21305;違恁俯`のメモリー半導体大手4社が生産能力拡大に再び着手し?#20426;?#26178;期を同じくして、中国大陸の大手ファンドと同国半導体大手の紫光集団もメモリー事業への資金と人力の投入を強化?#24037;搿?#24066;場調査機関は、来年?#34928;幞猊戛`市場が再び激しい価格競争の?#24037;?#24059;き込まれるこ?#36259;摔勝毪?#35686;告。?#21361;粒危?#22411;フラッシュメモリーの供給過多の状況が?#27169;遙粒亭瑜轆?#28145;?#36367;勝玀韋摔勝毪坤恧Δ?#35686;鐘を鳴らす。 サムスン電子は、今後3年間で70億米ドル(約2045億台湾ドル)を中国大陸の狭西省西安市で?#21361;危粒危膜?#29983;産能力拡大に投じると昨年8月に発表。先月末に新工場の起工式を正式に行っ?#20426;?#20170;回の投資は、?#24037;扦?#30330;表済み?#21361;模遙粒?#22679;産に続く重要な投資案件であり、世界のメモリー市場に再?#26377;n撃を与えるもの?#36259;勝搿? 西安にあるサムスン電子のメモリー工場は現在、主に?#21361;粒危?#35069;品を生産している。新工場の竣工後、同社の西安における?#21361;粒危膜?#26376;産能力は現時点の12万枚から、20万枚へと67%拡大?#24037;搿!? 今回の工場拡張案をめぐっては、かつて韓国の地上配備型ミサイル迎撃シス?#21305;啵ǎ裕齲粒粒模?#37197;備事件を受けて中国が韓国に経済制裁を課したこ?#36259;欏?#38867;国政府が同社に対して、西安への投資を再検討し韓国での投資を最優先に?#24037;毪瑜?#27714;めてい?#20426;%單啷攻?#38651;子は韓国政府の期待に応え、韓国での半導体生産受託事業と?#27169;遙粒亭丐?#25237;資を決定し?#20426;¥長?#25237;資案には、韓国の華城工場16号生産ラインを従来?#21361;?#27425;元(2?#27169;危粒危?#29983;産から?#27169;遙粒?#29983;産に改造?#24037;毪長趣?#21547;まれ?#20426;¥蓼俊?#24179;沢工場での新たな?#27169;遙粒?#29983;産ライン設置も決定し?#20426;?#21516;生産ラインの第1段階の生産能力は今年下半期(7~12月期)に投入される予定だ。 メモリー業界の関係者は、サムスン電子の華城工場と平沢工場における?#27169;遙粒?#22679;産の市場への影響が今年年末に現れる?#36259;撙皮い搿#菠膜?#26032;工場?#21361;模遙粒?#22679;産分は予測ベー?#24037;?#26376;間約23.5万枚にのぼる 。一方、韓国の大手メーカーであるS?#34928;膝ぅ衰氓工?#20013;国江蘇省無錫市で新工場を建設中で、年末の竣工、2019年の設備設置を予定している。生産能力は月間12万枚 。この大手2社による生産能力拡大の進展が世界?#21361;模遙粒?#38656;給にどのような変化をもたら?#24037;恕?#24066;場は注目している。?  東芝傘下の半導体事業子会社 、東芝メモリ(?#35029;停茫─?020年度まで?#21361;?#24180;間に2カ所で3次元(?#24120;模危粒危膜?#26032;工場を?#22533;O?#24037;?#35336;画だ。現在、四日市にあるFab6と日本の 岩手県北上市にそれぞれ新工場を?#22533;O?#24037;搿?#20170;後5年間で4つ?#21361;危粒危?#24037;場を保有?#24037;毪長趣摔勝搿?#25552;携先の米ウエスタンデジタル(W?#27169;─?#25237;資分担を求めており、投資総額は3兆円を超える見通しだ。この投資により、?#21435;氓駐違單啷攻?#38651;子を追撃?#24037;搿? 一方、中国大陸の紫光集団傘下の長江メモリー?#21305;違恁俯`?#28023;ǎ伲停裕茫─?2層?#21361;常模危粒危膜?#29983;産に成功しており、承認に向けて製品サンプルを顧客に提出し?#20426;?#26469;年に生産能力を本格的に投入できる見通しで、市場に大きなインパク?#36259;?#19982;えるこ?#36259;?#20104;測される。   ※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。

    仮想通貨のマイ?#34928;螗?#29105;、半導体企業に大きな商機

    QUICKは「アジア特Q便?#24037;?#38988;し、アジア各国?地域のアナリス?#36259;?#35352;者の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は台湾の現地記者、李臥龍(リー?ウォーロン)氏がビッ?#21435;償ぅ螭勝?#20206;想通貨と半導体需要の高まりについ?#21305;欹荸`?#36259;筏蓼埂?世界中で仮想通貨のマイ?#34928;螗埃?#25505;掘)熱が高まり、台湾の半導体メーカーに新たな活力を与えている。 消息筋の情報による?#21462;?#21488;湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループが世界初?#36259;勝?#20206;想通貨の商業銀行の設立を計画している。ビッ?#21435;償ぅ螭?#20013;国マイ?#34928;螗?#26368;大手、ビッ?#21435;幞ぅ螭?#21029;の仮想通貨イーサリアム向けの新たなマイ?#34928;螗哎蕙伐螭?#30330;売を予定している。 こうしたマイ?#34928;螗?#29105;は、特定用途向けの半導体集積回路(ASIC)の受託生産を手掛ける台湾積体電路製造(?#35029;櫻停茫─湞幞猊戛`製造の晶豪科技、愛普科技、ASI?#36855;O計の創意電子?#36259;い盲?#20225;業に大きな商機をもたらしている。 仮想通貨の価格が足元でいくら激しく変動してもマイ?#34928;螗?#29105;は一向に衰えず、この分野に参入?#24037;?#21322;導体企業は増える一方だ。 Electronic circuit board and global network concept. マイ?#34928;螗哎蕙伐?#24066;場では中国のビッ?#21435;幞ぅ螭?#19990;界市場シェアの80~90%を握るベンチマーク的な?#21435;氓?#20225;業だ。 マイ?#34928;螗哎蕙伐螭?#27231;能向上に向けて、同社は今年、?#35029;櫻停盲衰Εē烯`10万枚を発注。使用?#24037;?#21322;導体製造プロ?#20114;工?#24403;初?#20301;?#36335;線幅16ナノメー?#21435;耄ē圣韋?0億分の1)から12ナノメー?#21435;毪?#24494;細化し?#20426;#裕櫻停盲?#26368;先?#24605;?#34899;?#36259;勝耄伐圣違岍`?#21435;毪摔工?#21487;能性もある?#36259;いΑ?ま?#20426;ⅴ鷹氓去幞ぅ螭?#26234;原科技?#34928;蕙ぅ衰螗哎蕙伐?#21521;?#20445;粒櫻桑盲?#35373;計を委託?#24037;毪趣趣玀恕ⅴ單啷攻?#38651;子のウエハー受託生産部門で生産を行う。こうした動きは仮想通貨に携わる企業が依然?#36259;筏?#26106;盛な市場開拓意欲を持っているこ?#36259;?#31034;す。 ビッ?#21435;幞ぅ螭膝楗ぅ去償ぅ螭勝?#20206;想通貨専用ASIC半導体を有?#24037;搿¥蓼浚?#24180;前から?#35029;櫻停盲?#25552;携している。昨年は業績が急速に伸び、中国?#21361;桑迷O計企業?#21435;氓祝丹?#36493;進。同時に、?#35029;櫻停盲?#20027;要顧客5社に入り、同社の昨年の売り上げの10%を?#28608;幛俊?ビッ?#21435;償ぅ螭膝蕙ぅ衰螗挨?#38627;度がま?#24037;蓼?#39640;まる一方、大量の電力を消費?#24037;搿¥長韋郡帷ⅴ鷹氓去幞ぅ螭?#20107;業の主軸の一部をイーサリアムに置く方針を?#36367;帷?#20170;後の需要に備えて次?#26469;蕙ぅ衰螗哎蕙伐螭?#30330;売?#24037;毪玀瑜Δ饋?ビッ?#21435;幞ぅ螭?#36817;く発売?#24037;毳ぉ`サリアム向けマイ?#34928;螗哎蕙伐螅疲長稀ⅲ模遙粒?#20840;体のバス幅を拡大させると同時に、メモリー搭載量を増やし?#20426;?#20170;後、マイ?#34928;螗哎蕙伐螅?#21488;につきマザーボード3枚を搭載。マザーボードには1枚当たりマイ?#34928;螗?#23554;用ASICプロ?#20114;氓担?#20491;が装備され、こ?#21361;粒櫻桑氓抓恁互氓丹耍保牽隴危模模遙長?2個含まれる。 1台当たりのマイ?#34928;螗哎蕙伐螅疲長?2GB?#21361;模遙粒庭幞猊戛`を搭載?#24037;?#35336;算だ。512?#20572;隴危模模遙償幞猊戛`を搭載?#24037;毳鷹氓去償ぅ?#21521;?#20445;櫻?#22411;マイ?#34928;螗哎蕙伐螭?#27604;べ数百倍の規模?#36259;勝搿%蕙ぅ衰螗?#29105;がビッ?#21435;償ぅ螭楗ぉ`サリアムへと広がりを見せるなか、市場では、?#35029;櫻停盲湞單啷攻螭衰蕙ぅ衰螗?#29992;ICの巨大な注文がもたらされる一方、現時点で品薄状態にある?#27169;遙粒?#29987;業の品薄感が一段と強まり、価格上昇期間も長引く?#36259;?#20104;測が出ている。 ※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。

    インド?#33775;SEAN、成長のカギは競争より協力 HSBCレポート

    QUICKは「アジア特Q便?#24037;?#38988;し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回はHSBCシンガポール最高経営責?#25569;擼ǎ茫牛希ⅴ去拴`?クリップス氏が経済成長への期待が高まるインドと東南アジア諸国連合(ASEA?#21361;─摔膜い匹欹荸`?#36259;筏蓼埂? ASEAN?#21435;ぅ螗嗓?#20114;いに競争?#24037;毪瑜轆狻?#21332;力?#24037;?#26041;がはるかに道理にかなっている。両者間には数々の相違点もあるが、実際には多くの共通点がある。 中国関連の記事が報道の大半を?#28608;幛毪長趣?#22810;いが、アジアにおける成長戦略を?#38750;螭筏皮い?#22269;際的な投資家や企業なら?#23567;ⅴぅ螗嗓?#26481;南アジア?#36259;い?#24613;成長中のアジア経済?#21619;?#22823;勢力にさらなる注意を向けるべきだろう。 インドは世界人口の18%を?#28608;幛皮輟?016年の経済成長率は7.6%に達し?#20426;?#19990;界?#21361;牽模肖蘇激幛毳ぅ螗嗓?#27604;率は?#24120;イ摔工勝い?#21516;国の規模を踏まえれ?#23567;?018年には世界?#21361;牽模肖?#25104;長に対?#24037;?#23492;与度はユーロ圏を上回る?#36259;撙槨欷搿?一方、ASEAN?#29992;?0ヵ国(タイ、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、?#33437;毳庭ぁⅴ佶去圣唷ⅴ攛慳螗蕞`、ラオス、カンボジア)?#21361;牽模肖?#21512;計?#24037;毪?6億米ドル?#36259;勝輟?016年の成長率は4.6%に達し?#20426;?#20154;口は約6億3000万人を超え、中国、インドのいずれの人口に対してもその半分を下回るが、米国や?#20998;?#36899;合(EU)の人口をはるかに上回っている。 互いの消費市場から恩恵 さらに注目されるのは、両方の経済圏で消費者の購買力が成長しつつある点である。2025年まで?#34928;ぅ螗嗓扦?#20013;間層の人口が現在?#21361;?#20493;?#36259;勝?#32004;5億5000万人に達し、その増加数は世界のどの国よりも多くなる?#36259;撙槨欷皮い搿#粒櫻牛粒韋扦稀?#20013;間層の世帯数は2025年までに、2010年の倍近くの最大1億2000万世帯になると見込まれている。 この中間所得層の成長は貿易を大きく促進させる形で消費構造を変化させつつあり、これは消費者をターゲッ?#36259;摔工?#22269;際的な複合企業、そして投資家に?#36259;盲皮?#22823;きな意味を持つ。これら企業の多くは?#24037;扦?#22269;際的な製品を現地の嗜好に適合させており、その例?#36259;筏皮膝ē毳幞工?#36009;売している薄地のサリー、インドの複数の言語に対応したサムスン?#21435;ⅴ氓抓毪違攻蕞`?#21435;榨━蟆?#29694;地の好みに合わせ?#21305;幞衰濠`を変えているバーガーキングなどが挙げられる。 興?#28193;瞍い長趣恕ⅲ粒櫻牛粒韋去ぅ螗嗓?#30452;接的および間接的に、つまり、直接的にはコモディ?#21305;¥?#36031;易で、間接的にはITサービ?#24037;瑜鷹ē欹去恁衰工恰ⅳ?#20114;いの消費市場から恩恵を受けるこ?#36259;摔勝毪趣撙槨欷搿?コモディ?#21305;¥丐我来?#24230;を低下させるのに成功してきてはいるものの、ASEANは依然?#36259;筏匹償猊釬%匹¥?#36664;出に大きく?#26469;妞筏皮輟?#29305;?#34928;雪`ム油はマレーシア?#21435;ぅ螗喪庭伐ⅳ?#36664;出全体の約10~12%を?#28608;幛皮い搿¥長違償猊釬%匹¥?#20027;要な輸出先?#21361;堡膜ぅ螗嗓扦ⅳ輟ⅴぅ螗嗓?#28040;費される植物油全体?#21361;?#20998;?#21361;堡頷ぅ螗喪庭伐ⅳ?#20379;給している。 アップルやサムスンが持つような広範なサプライチェーンはASEANに?#36259;盲?#38750;常に重要であり、この地域の輸出全体の30%を?#28608;幛皮い搿¥長欷摔稀ⅴ伐螗荸`ルでの半導体の受託生産から、マレーシアでの半導体の検査、フィリピン、タイ、ベ?#21435;圣啶扦?#32068;立てなどが含まれる。 最終製品を輸出?#24037;毪韋?#20013;国や韓国かもしれないが、最終消費者は実際にはインドにいる可能性もある。インドで現在スマー?#21435;榨━螭?#25152;有しているのは3億人に?#36259;嗓蓼輟ⅳ長?#25152;有者数は今後数年以内に50%増加?#24037;?#35211;通しであるこ?#36259;?#32771;慮?#24037;毪取?#39514;くべきではないのかもしれない。中国のメーカーは現在インドの市場?#21069;?#20998;のシェアを持っている。 貿易と投資の関係改善が加速 2つの経済圏は発展段階が同程度であるため、貿易と投資で競争関係にある?#20154;激Δ玀筏欷勝い?#23455;際にはインドとASEANは相互に協力?#24037;?#26041;が理にかなっている。 11月?#34928;蕙衰槨情_催されたASEANビジネス?フォーラムで、インドのモディ首相は、インドの「アクト?イース?#26085;?#31574;?#24037;扦?#21462;組みの中心になるのがASEAN?#36259;?#38306;係改善であると述べ、さらにASEAN?#36259;?#32076;済的および事業上の関係について、「格別に良好な政治的および人的関係?#24037;?#21628;べる水準にまで高めるこ?#36259;?#32004;束し?#20426;?今年1月?#34928;ぅ螗?ASEAN間?#25569;?#24335;な対話関係樹立25周年を記念したサミッ?#36259;釬戛`?#24773;_催されたこ?#36259;玀ⅳ盲啤?#36031;易および投資での関係改善は今後数年間加速?#24037;毪?#30906;信できる十分?#19990;?#30001;がある。 実際、両者はインド?ASEAN間の貿?#26368;~を2022年までに少なく?#36259;?000億米ドルにまで拡大?#24037;毪趣い?#30446;標を設定したが、目標時期がまだかなり先であるため実現の可能性は高い?#36259;撙槨欷搿?ASEANは現在、インドに?#36259;盲疲?#30058;目に大きな貿易相手地域であり、インドの貿?#26368;~全体の10%を?#28608;幛皮い?#19968;方、インドはASEANに?#36259;盲疲?#30058;目に大きな貿易相手国?#36259;勝盲皮い搿¥瑜?#35443;細に見る?#21462;ⅴぅ螗?ASEAN間の年間貿?#26368;~は2014~15年には約765億3000万米ドルだっ?#20426;¥筏貳?015~16年には、世界経済の停滞を背景?#36259;筏駿償猊釬%匹?#20385;格下落の影響で650億4000万米ドルにまで減少し?#20426;?貿易と比較?#24037;毪?#25237;資の流れは非常に好調で、インドに流入した海外直接投資(F?#27169;桑─?5%はASEANからの投資であり、その大半はサービス、電気通信、建設、IT?#20114;咯`に対?#24037;?#25237;資であっ?#20426;?相違点から見出される投資機会 経済発展の共通点によってASEAN?#21435;ぅ螗嗓?#39006;似性が高まったものの、2つの経済圏の地理的および?#20114;咯`の多様性によってこの経済回廊構想の可能性が現実のものになる?#36259;撙槨欷搿??#24037;扦摔長韋瑜Δ?#22793;化が起こりつつある。インドのモレ?#21435;駿い違岍`ソッ?#36259;頷攛慳螗蕞`経由で結?#33437;ぅ螗?ミャンマー?タイ三国間高速道路が建設中で2019年の完成が目標?#36259;丹欷皮い搿%攛慳螗蕞`?#21435;駿い?#20849;同で喫水の深い船舶も入港可能なダウェィ港を建設中で、インドはこの港?#21435;隸Д螗圣い?#32080;ぶ航路を計画している。シンガポールはインド南部のアンドラ?プラデシュ州?#21462;?#21516;州の新州都の開発?#21435;榨%螗匹氓?#21332;力協定に基づくプロジェク?#36259;?#21332;働している。 2017年初めのマレーシアのナジブ?ラザク首相によるチェンナイ?#21435;衰濠`デリーの訪問が、メディカル??#26411;`リズム(医療観光)および教育を含めたサービス業に重点を置いた320億米ドルの協定の締結につながっ?#20426;%ⅴ昆?グループを含む複数のインド企業が、予想投資額が90億米ドルのマレーシア、キャリー島の新港湾都市開発計画に協力?#24037;毪趣撙槨欷搿?フィリピンでは、インド?#21361;桑?#20225;業、ウィプロ、?#35029;茫印ⅴぅ螗榨━伐工勝嗓攏校希ē鷹弗庭?プロ?#20114;?アウ?#21435;僵`シング)事業をマ?#34928;槨?#23637;開している。 カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベ?#21435;圣啶膝ぅ螗嗓?#32330;維産業と連携している。2016年末に、インド政府はインド企業がこれら?#35302;?#22269;で生産およびサプライチェーンの構築支援を?#24037;毪郡帷?#32207;額7700万米ドルのプロジェクト開発基金の設立を承認し?#20426;¥丹槨恕ⅴぅ螗喪庭伐ⅳ膝ぅ螗嗓?#28040;費される食物油全体?#21361;?#20998;?#21361;堡?#36664;出しており、両国はそれぞれの海上インフラの改善を目指?#24037;趣い?#20849;通の意向を持っているこ?#36259;?#34920;明し?#20426;?世界経済の成長の原動力に インド、ASEANが?#36259;玀?#32076;済的成功を続けられるかどうかも、両国の貿易およびビジネス運営上?#25569;?#22721;を削減?#24037;?#24847;欲にかかる?#36259;撙槨欷搿?ASEAN?#21435;ぅ螗嗓?#24403;面重視?#24037;毪韋稀?#26481;アジア地域包括的経済連携(RCEP)の締結?#36259;撙槨欷搿#遙茫牛肖希粒櫻牛粒韋?#20027;導し、それぞれの人口を合計?#24037;毪?#19990;界人口全体の50%に達?#24037;毳ぅ螗傘?#20013;国?#21361;播?#22269;を含む自由貿易協定締結国6カ国も参加した多国間貿易協定である。 インドはRCEPを後押し?#24037;毪郡幛恕ⅲ粒櫻牛粒危à瑜嬰餞?#20182;の締結国)がサービス市場を一段と開放して、労働力の移動の自由度を高めるこ?#36259;?#26465;件に、自国の関税を最大80%削減?#24037;毪長趣?#26368;近約束し?#20426;?これが実現した場合には、インドの輸出全体の48%を?#28608;幛勝?#24613;成長を続けているITサービス??#20114;咯`の大きな成長ポ?#21305;螗伐慳毪?#38283;花?#24037;毪悉氦饋¥長?#21332;定が締結されれ?#23567;?#20170;後参加国全体の輸出を4%拡大させる可能性がある。 RCEP協定交渉参加国は、今年11月?#34928;伐螗荸`ル?#24773;_催されるASEANサミッ?#36259;扦?#21332;定締結に期待している。 貿易および投資の道筋をつけるための貿易協定の改善は今後も最重要の戦略であり続ける?#36259;撙槨欷毪?#19968;方でASEAN?#21435;ぅ螗嗓?#38291;の通商上および投資に関?#24037;?#36899;携は、より革新的かつ現実的な方法で拡大させる必要がある。 上述のように、既存の足がかりの上に新たな成長のための環境を構築?#24037;毪長趣?#20986;発点であるこ?#36259;?#26126;白である。同様に、インド?ASEAN間?#25569;?#24335;な対話樹立25周年を記念した最近のデリー?サミッ?#36259;韋瑜Δ?#39318;脳会談の機会も活用?#24037;毪伽饋?インドとASEANは、現時点では米国、EU、中国の経済ほどの重要性は持っていないかもしれないが、世界経済における成長の原動力?#36259;筏皮?#24441;割が急速に高まっている。両国間の関係強化によって、両国の国際的な重要性は?#36259;玀摔丹槨?#39640;まる?#36259;撙槨欷搿?このような背景から、国際展開?#24037;?#35079;合企業および、それらの各地域のサプライチェーンが新たな成長機会を求める場合には、これら2つの市場に注目?#24037;毪坤堡?#21313;分?#36259;撙槨欷搿?※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。

    ?#21305;螗互螗?#27770;算予想 ?#21338;`ム好調で5割増収か 課題はコン?#21305;螗磨償攻?#25233;制

    QUICKは「アジア特Q便?#24037;?#38988;し、アジア各国?地域のアナリス?#36259;?#35352;者の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信している。今回はフィリップ証券(香港)のルイス?ウォン(Louis Wong)氏が香港上場の中国インターネッ?#21435;旦`ビス大手、騰訊控股(?#21305;螗互螗齲─摔膜い匹欹荸`?#36259;筏俊??#21305;螗互螗趣?1日に2017年12月期決算を発表?#24037;搿%ⅴ圣轔攻?#20104;想では売上高は前の期比57.9%増の2398億人民元、純利益は64.6%増の676億4000万元。1株当たり利益(EPS)は57.5%増の6.9元が見込まれている。 17年?#34180;?#26376;期の?#21305;螗互螗趣?#22770;上高は、前年同期比59%増の1713億元だっ?#20426;%攻蕞`?#21435;榨━?#21521;け?#21338;`ムやPC?#21338;`ムのほか、決済関連サービ?#24037;湞釬弗駿毳償螗匹螗?#36009;売、オンライン広告もけん引し?#20426;?#32020;利益は44%増の507億元だっ?#20426;%匹螗互螗趣?7年12月期の市場予想をも?#36259;?#35430;算?#24037;毪取?#31532;4四半期(17年10~12月期)は売上高が5.1%増の685億元、純利益が5.9%減の169億4000万元だったこ?#36259;摔勝搿?こ?#21361;?#24180;の?#21305;螗互螗趣?#26666;価の推移 事業別でみる?#21462;⒏都?#20385;値サービス(オンライン?#21338;`ムやPCクライアン?#21435;博`ム、ソーシャルネッ?#21435;鐒`ク関連)が引き続き?#21305;螗互螗趣?#20027;な収益源?#36259;勝盲皮い搿#薄?#26376;期の?#37117;?#20385;値サービ?#24037;?#22770;上高は前年同期比45%増の1140億元で、売上高全体の66.5%を?#28608;幛俊?#31895;利益は33.3%増の689億元で、全体の80.7%に達してい?#20426;?オンライン広告業務の売上高は50.3%増の280億元(全体の16.3%)、粗利益は32.9%増の102億5000万元(全体の12%)。決済関連業務やクラウドサービ?#24037;?#22770;上高は171.5%増の292億5000万元と大幅に伸び、粗利益も337%増の62億64000万元に拡大し?#20426;??#21305;螗互螗趣?#20132;流サイト(S?#21361;櫻福眩選工?#26376;間アク?#21305;%芝姍`ザー数(?#20572;粒眨─?7年9月末時点で前年同期比3.8%減の8億4300万人で、?#33437;恁哎旦`ビス?#31119;眩?#31354;間?#24037;危停粒柵?0%減の5億6800万人だっ?#20426;?一方、チャッ?#21435;ⅴ抓輟?#24494;信(ウィーチャット)?#24037;危停粒柵?億8000万人と15.8%増え?#20426;#?#26085;当たりのメッセージ送信数は25%増の約380億件に達し?#20426;?#26376;間のアク?#21305;%?#20844;式アカウント数は14%増の350万件、公式アカウン?#36259;?#26376;間アク?#21305;%芝榨━恁鐒`数は19%増の7億9700万人だ。QQユーザーの伸びが頭打ちになる一方、ウィーチャッ?#36259;違姍`ザーが引き続き増えている?#36259;いΔ長趣ⅳ長欷槨違簽`タからうかがえる。 注意?#24037;伽?#28857;は、?#21305;螗互螗趣?#22770;上原価について一定程度のプレッシャーを抱えている?#36259;いΔ長趣饋%博`ムを中心?#36259;工敫都?#20385;値サービス事業?#21361;貳?#26376;期の売上原価は前年同期比73%増え169億元に上っ?#20426;%欹佶衰濠`シェアやコン?#21305;螗磨償攻趣?#27604;較的多いこ?#36259;思嬰ā?#31532;三者?#36259;?#25552;携によっ?#21305;ⅴ抓轔暴`ションス?#21435;ⅳ違攻蕞`?#21435;榨━?#21521;け?#21338;`ムチャネルのコス?#36259;?#22679;えたこ?#36259;?#20027;な要因だ。 今後いかにし?#21305;償攻?#22679;を抑えるかが、?#21305;螗互螗趣握n題?#36259;勝搿?※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。 本情報は、情報の提供を目的?#36259;筏皮輟?#25237;資その他の行動を勧誘?#24037;毪長趣?#30446;的?#36259;筏郡玀韋扦悉ⅳ轆蓼護蟆?#26377;価証券その他の取引等に関?#24037;?#26368;終決定は、お客様ご自身のご判断と責任で行って下さい。株式会社QUICKおよび情報提供元であるルイス?ウォン氏は、本情報を利用して行った投資等により、お客様が被っ?#20426;ⅳ蓼郡稀?#34987;る可能性のある直接的、間接的、付随的または特別な損害またはその他の損害について、一切責任を負いません。

    世界レベルに成長?#24037;?#20013;国の「大湾岸圏」 HSBCレポート

    QUICKは「アジア特Q便?#24037;?#38988;し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、HSBCグレーター?チャイナ統括 チーフ?エグゼク?#21305;%證違廿欹?ウォン氏が中国の大湾岸圏につい?#21305;欹荸`?#36259;筏蓼埂? 中国は「広東?香港?マカオ大湾岸圏?#24037;趣筏?#30693;られる同国南部に、世界的な競争力を備えた国際的水準の都市圏を構築?#24037;毪趣い?#22320;域統合計画を推し進めている。技術革新、金融、貿易に軸足を置くこうした地域は、グローバリゼーションの新たなリーダー?#36259;筏?#28014;上しつつある。 1970年代後半以来、長期にわたって広東省は中国の改革開放政策で先頭に立ってき?#20426;?#24195;東省は再び、この経済の転換をリードしつつあるが、今回は世界の工場?#36259;筏皮?#22320;位からサービ?#24037;?#25216;術革新のための非常?#34928;昆ぅ圣攛氓?#25312;点(ハブ)への転換が目標?#36259;丹欷皮い搿?#24195;東省のサク?#20114;攻攻醛`リーで重要な役割を果たした要因?#21361;堡膜?#39321;港に近い?#36259;い?#22320;理的条件であり、両地域は主に市場主導で共に成長してき?#20426;?広東省、香港、マカオの経済の統合をさらに発展、深化させ、中国の経済発展と改革開放政策におけるこの地域の役割を拡大させるために、中国は「大湾岸圏?#24037;趣筏?#30693;られる都市群の開発計画を策定し?#20426;?こ?#20301;?#26399;的な構想は、自然の地理的条件に基づいて、広東省の珠江デルタ地域?#21361;?#37117;市(広州、深?#20114;蟆?#29664;海、仏山、中山、東?#28014;?#24693;州、江門、肇慶)?#24605;嬰à啤?#39321;港、マカオ?#21361;菠膜?#29305;別行政区を結びつ?#34180;?#19990;界的な競争力を備えた経済圏を構築?#24037;毪長趣?#30446;的?#36259;工毪玀韋扦ⅳ搿?過去数十年間にわたって、大湾岸圏の都市はそれぞれ独自の優位性および経済構造を生み出してき?#20426;¥長?#35336;画の狙いは、香港、マカオ、広東省で、確立された製造業のサプライチェーン、技術革新力、金融サービス、物流、洗練された消費市場などの分野の相補的な強みを結び付けるこ?#36259;扦ⅳ搿¥長?#35336;画の最終目標は経済の新たな成長拠点を生み出?#24037;長趣扦ⅳ搿¥長?#25104;長拠点が、中国の経済発展を先導し続けるだけでなく、東京、サンフランシスコや?#34928;濠`ヨークなどの世界の主要な湾岸地域に匹敵?#24037;?#35215;模に成長?#24037;毪長趣?#30446;標?#36259;丹欷皮い搿?この構想は非現実的なものではない。大湾岸圏の11都市は、人口、経済規模、その資源の観点から見て、1つ?#21619;?#31435;国家同様の繁栄を実現?#24037;毪長趣?#21487;能である。 大湾岸圏の人口を合計?#24037;毪?795万人?#36259;勝輟?#19990;界最大の都市群である東京首都圏の人口4400万人を上回る 。その面積は約?#20302;?000平方キロメー?#21435;毪去衰濠`ヨーク都市圏の面積に匹敵?#24037;搿?中国で最も急速に成長している地域?#21361;堡膜扦ⅳ?#24195;東?香港?マカオ大湾岸圏の2016年?#21361;牽模肖?#21512;計で1.4兆米ドルであっ?#20426;?030年までにこの地域?#21361;牽模肖?.6兆米ドルに達?#24037;毪?#20104;想されており、その場合、東京、?#34928;濠`ヨーク、サンフランシスコの湾岸地域を上回り、経済規模が世界最大の湾岸圏になるこ?#36259;摔勝搿? 大湾岸圏は経済規模が巨大であるだけでなく、国内のみならず国際的にみても明確な競争力を備えた多様な産業を多数抱えている。 世界的にみて成功している湾岸地域を調べてみる?#21462;ⅳい膜?#20849;通点が見いだされる。全ての地域に、活発な国際金融?#20114;螗咯`、発達したサービス産業、強?#36367;?#29289;流網、複数の一流大学?#24605;嬰à?#25216;術革新の拠点がある。この好例?#36259;筏啤?#25216;術革新?#21435;膝ぅ匹?#20998;野で高く評価されているサンフランシスコ湾岸地域や、金融サービ?#24037;?#24375;みを持つ?#34928;濠`ヨーク都市圏を挙げるこ?#36259;扦搿?シリコンバレーがサンフランシスコ湾岸地域の中心部にあるのと同様に、深?#20114;螭摔?#35069;造業の大き?#22987;?#31309;があり、中国における技術革新の中心地?#36259;勝盲皮い搿?#20013;国で最も高く評価され、最も独創性のある企業のうち、ファーウェイ(華為技術)?#21435;匹螗互螗齲?#39472;訊控股)?#36259;いΓ?#31038;の本拠が深?#20114;螭摔ⅳ搿%ⅴ氓抓毪勝嗓?#28023;外の?#21305;違恁俯`分野の巨人も深?#20114;螭?#30740;究開発拠点を建設している。 香港は、深?#20114;螭?#38761;新的な環境に対して、完全に補完的な役割を果たしている。香港は引き続き金融?#20114;螗咯`?#36259;筏皮?#24441;割を果たし、中国企業がグローバルな展開を?#28608;幛?#22580;合の出発点?#36259;筏?#27231;能?#24037;毪長趣摔勝毪趣撙槨欷搿?#28145;?#20114;螭摔?#20013;国本土における2つの証券取引所のうち?#21361;堡膜扦ⅳ?#28145;?#20114;?#35388;券取引所があるこ?#36259;玀ⅳ輟?#39321;港と深?#20114;螭?#27963;発な金融?#20114;螗咯`、そして証券取引所を持つ?#34928;濠`ヨークに類似している。例え?#23567;?#20013;国のインターネット関連サービス分野の巨人である?#21305;螗互螗趣?#28145;?#20114;螭?#26412;拠?#36259;筏皮い毪?#39321;港証券取引所に上場している。 一方、広州は先進的な製造業および最新のサービス業の拠点?#36259;筏?#30330;展しつつある。さら?#34928;蕙稀?#38563;接?#24037;?#29664;海市横琴?#36259;趣玀恕?#22269;際的なレジャー産業の中心地?#36259;勝毪長趣?#30446;指している。 これら中核都市?#24605;嬰à?#20182;の珠江デルタ地域の都市の膨大な資源、面積、比較的安価な労働力?#36259;い?#24375;みにより、大湾岸圏は国際的な協力および競争での優位性を大幅に高めて、技術革新、金融、物流、貿易面で世界的にみて重要な都市群?#36259;筏?#28014;上?#24037;毪長趣摔勝毪趣撙槨欷搿?大湾岸圏の発展に伴い、その影響は地理的境界をはるかに越えて広がり、中国の「一帯一路」構想の進展に?#36259;盲?#36861;い風?#36259;勝毪趣撙槨欷搿?#22823;湾岸圏は「シルクロード経済ベル?#21462;梗?#20013;央アジアから?#20998;荬兀─瑜印?#28023;上シルクロード」(東南アジア、大洋州からアフリカおよび中東へ)に沿った国々を結ぶ上で重要な役割を果た?#24037;長趣摔勝毪趣撙槨欷搿?湾岸地区の発展には包括的な輸送ネッ?#21435;鐒`クの構築が不可欠である。橋?#21435;去螗庭毪?#27083;成される東京湾アクアラインやサンフランシスコ?オークランド?ベイ?#33437;轔氓浮ⅴ穿`ルデン??#21338;`ト??#33437;轔氓袱?#28286;岸地域のインフラを象徴?#24037;毪郅螭?#25968;例である。 大湾岸圏では近年輸送インフラが大幅に拡充され、地域統合?#20301;?#30436;?#36259;勝盲皮い搿?#24195;州、深?#20114;蟆?#39321;港を結ぶ広深港高速鉄道は2018年第3四半期に開通?#24037;?#20104;定である。これにより香港から深?#20114;螭?#22269;境までの列車移動の所要時間はわずか14分に短縮されるこ?#36259;摔勝搿?#39321;港、珠海、マカオを結?#25351;?#29664;澳大橋によって、香港と珠海またはマカオ間の車移動の所要時間は4.5時間から約40分に短縮される。この橋によって、香港、マカオおよび珠海デルタ西部地区の経済発展が促進される?#36259;撙槨欷搿?中国経済は、労働集約型で製造業が基盤?#36259;勝盲?#32076;済から、中流階級の成長に支えられたサービス業?技術革新指向型の経済に移行しつつあるため、大湾岸圏は中国の新しい成長モデルへの転換を先導?#24037;毪長趣摔勝毪趣撙槨欷搿?#35069;造業、技術革新、物流関連の多くの分野で圧倒的な強みを持っているこ?#36259;趣?#21029;に、大湾岸圏は金融?#21305;違恁俯`、再生可能エネルギー、バイオ医薬、ヘルスケア、医療機器、観光、ウェルス?マネジメン?#36259;?#20998;野でも成長?#24037;?#21487;能性がある。 適切な金融、物流、製造業および技術インフラが整備されているこ?#36259;稀?#22823;湾岸圏構想が成功?#24037;毪郡幛?#26465;件の一部に?#24037;勝ぁ?#20154;、物、資本の地域内の自由な移動を確保?#24037;毪郡幛摔稀?#38306;連?#24037;?#22320;域間?#25569;?#31574;およ?#21491;?#21046;を整備?#24037;?#24517;要がある。 大湾岸圏の発展は?#28608;蓼盲郡肖轆扦ⅳ搿?#19990;界はこの胸を躍らせるような変化?#24605;?#24515;の注意を払うべきである。な?#28608;勝欏ⅳ長?#37117;市群は世界的な生産、技術革新の重要な拠点に?#36259;嗓蓼槨骸?#19990;界の商業および経済成長の中心?#36259;勝?#21487;能性があるからだ。

    アリバ?#23567;ⅲ?#20740;人のデータを?リアル」活用 商取引の転換目指す【アジア特Q便】

    QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域のアナリス?#36259;?#35352;者の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、フィリップ証券(香港)のルイス?ウォン(Louis Wong)氏が中国インターネット通販最大手、アリババ集団の動きをレポー?#36259;筏蓼埂?  2016年開催のアリババ集団のフォーラム「?#21427;?#22823;会?#24037;恰?#39340;雲会長は初めて「?#34928;濠`リテール(新小売り)?#24037;趣いΕ償螗互抓趣?#25171;ち出し?#20426;¥餞?#25126;略の一つが、オフライン企業への投資や買収を通じ?#21305;螗楗ぅ螭去榨楗ぅ螭?#26989;務を結合?#24037;毪趣いΔ玀韋饋?#30334;貨店業態がアリババによる従来のリテール改造の最初の試験場?#36259;勝搿%ⅴ轔嘯肖?4年3月に香港株式市場に上場していた中国百貨店大手の 銀泰商業に53億7000万香港ドルを出資し、同社?#21361;?#30058;目の大株主?#36259;勝盲俊¥丹槨?7年5月には同社の株式を非公開化し?#20426;?「生活選集(ハウス?#20114;欹伐紲螅工膝ⅴ轔嘯肖?#37504;泰商業が提携?#24037;?#26032;た?#24066;?#22770;りプロジェク?#36259;饋?#29983;活選集は16年12月、銀泰商業?#25569;?#27743;省杭州市の武林店内に1号店を開設し?#20426;?#38754;積約1200平方メー?#21435;毪?#24215;内に並ぶ商品はいずれも、アリババ傘下の通販サイ?#21462;?#22825;猫(Tモール)?#24037;?#33391;質?#30465;柑裕ē駿━芝楗螗傘埂%鄆`ム?#21305;攻駿ぅ毪?#39135;器?調理具、家具、児童用品、ペット関連のほか、撮影?#36259;い盲駿恁攻`バーなサービ?#24037;?#21547;めた6つの商品群をそろえている。 ハイパーマーケッ?#36259;去伐紲氓豫螗哎猢`ル内?#20379;`パーは、アリババによる従来のリテール改造?#21361;菠?#30446;の試験場?#36259;勝搿%ⅴ轔嘯肖?7年11月、約224億香港ドルを投じて高キン零售(サンアート?リテール)の株式36.16%を直接的、間接的に取得?#24037;毪?#30330;表し?#20426;%單螗ⅸ`?#36259;?#20013;国最大規模のハイパーマーケット運営企業で、「欧尚(オーシャン)」「大潤発(RTマート)?#24037;趣いΓ?#22823;?#33437;楗螗嗓?#20840;国29省?市?自治区?#34928;膝ぅ雪`マーケット446店を展開している。16年度の売上高は1000億人民元を超え、長年に渡り中国小売業界で?#21435;氓抓伐Дⅳ?#32173;持している。 その後、アリババはサンアー?#36259;?#23550;して同社発行済み株式?#24037;伽皮頦蓼趣幛?#36023;収?#24037;毪?#25552;案し?#20426;¥筏貳?#32080;果はサンアー?#36259;?#30330;行済み株式の約0.0032%の30万3600株を取得したに?#36259;嗓蓼盲俊¥長韋郡帷ⅴ單螗ⅸ`?#36259;?#24341;き続き香港株式市場で上場を維持している。 サンアー?#36259;?#38750;公開化に失敗したものの、アリババはわずか1カ月でアリババ経済圏?#21361;?#20740;人を超える消費者や数百万社に上る販売業者、クラウドプラッ?#21435;榨┅`ム、ビッグデータのリソー?#24037;?#22823;潤発のサプライチェーンの店舗ネッ?#21435;鐒`ク?#34928;昆ぅ圣攛氓?#34701;合しつつあるこ?#36259;?#26126;らかにし?#20426;%庭氓去供`パー「天猫?#20379;`パー」 の100万点を超える精選され?#21487;?#21697;が大潤発の20都市にある店舗167軒に導入されたと発表し?#20426;?調査研究機関のリポー?#36259;摔瑜毪取?#26085;用消費財(F?#20572;茫牽?#20998;野の約1割の消費者がサンアート(欧尚+大潤発)の消費者であると同時に、淘宝(タオバオ)系列(天猫+淘宝)の消費者でもある。このため、両社の提携は相乗効果を生み、新たな市場の獲得が可能だ?#36259;いΑ?#20001;社は今後さらに、かつてない消費体験を消費者に提供?#24037;毪伽ⅲ粒遙?#25313;張現実)やVR(仮想現実)?#36259;い盲?#26032;たな技術を提供していく?#36259;撙槨欷皮い搿?一方、アリババ集団は引き続き、?#34928;濠`リテールの事業組織の変更を進めていく。同社はこのほどクラウドリテール事業部と天猫、淘宝?#36259;?#20840;面的に合併させると発表し?#20426;?#22825;猫の?#34928;濠`リテールプラッ?#21435;榨┅`ム事業部がアリババ集団のクラウドのインフラ設備やデジタル化能力、ビッグデータのリソー?#24037;?#32113;合?#24037;毪長趣摔勝搿?アリババはクラウドリテール事業部の?#34928;濠`リテール業務?#21435;釬弗駿?#26989;務の全面的な融合で、オンライン?オフライン一貫のより完備されたサポー?#36259;?#19990;界の?#33437;楗螗嗓?#25552;供し、商取引(コマース)全体の大転換をけん引?#24037;毪?#34920;明し?#20426;?#21516;時に世界の?#33437;楗螗嗓趣趣玀恕?#26368;先端の?#34928;濠`リテール業態を通?#28014;ⅳ瑜?#39640;い消費者ニーズを満たしていく?#36259;?#36848;べている。 ※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。 本情報は、情報の提供を目的?#36259;筏皮輟?#25237;資その他の行動を勧誘?#24037;毪長趣?#30446;的?#36259;筏郡玀韋扦悉ⅳ轆蓼護蟆?#26377;価証券その他の取引等に関?#24037;?#26368;終決定は、お客様ご自身のご判断と責任で行って下さい。株式会社QUICKおよび情報提供元であるルイス?ウォン氏は、本情報を利用して行った投資等により、お客様が被っ?#20426;ⅳ蓼郡稀?#34987;る可能性のある直接的、間接的、付随的または特別な損害またはその他の損害について、一切責任を負いません。

    AI半導体最前線 エヌビディア?#34928;楗ぅ嘯?#32154;々

    QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域のアナリス?#36259;?#35352;者の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は台湾の現地記者、李臥龍(リー?ウォーロン)氏がAI半導体の最前線をレポー?#36259;筏蓼埂?時代はGPUからASICへ 人工知能(AI)が急速に隆盛し、グラフィック処理ユ?#34928;氓齲ǎ牽校眨─?#20027;な演算チップに採用されたこ?#36259;恰?#30011;像処理半導体?#21361;?#22823;メーカーであるエヌビディア?#21435;ⅴ喪嘯螗攻?マイクロ?デバイス(A?#20572;模─?#26666;価が急騰し?#20426;¥玀盲趣狻ⅴⅴ抓轔暴`ションが一段と多様化?#24037;毪勝?#29305;定用途向け半導体集積回路(ASIC)に切り換えるシス?#21305;啷岍`カーも少なくない。画像処理半導体は今年にもASICにその地位を奪われるこ?#36259;摔勝毪?#20104;測?#24037;毳ⅴ圣轔攻趣?#22810;い。 AIは過去数年間の半導体におけるメインス?#21435;戛`ムだと言えるだろう。エヌビディアやA?#20572;膜?#26666;価が数倍に高騰したこ?#36259;槨狻?#39640;速演算チップを用いた膨大なデータや画像を処理は今後の流れであるこ?#36259;?#20805;分に分かる。 多くのシス?#21305;啷岍`カーが音声?画像認識や自動運転、医療などに深層学習(ディープラー?#34928;螗埃─?#20633;えたAI半導体を導入している。エヌビディアは最も早い時期からこうしたメーカーと提携しており、当然のこ?#36259;勝椋粒?#24066;場?#28201;?#30427;の最大受益者?#36259;勝盲俊?しかし、画像処理半導体の高速演算アル?#35302;轔亥啶稀ⅳ工扦衰伐攻匹啶違拴`ズを満た?#24037;長趣扦勝勝盲皮い搿??#35029;櫻停謾ⅴ鷹氓去償ぅ?#38306;連で大型受注 最新の調査による?#21462;?#26368;近の市場で注目を集めているビッ?#21435;償ぅ螭勝?#20206;想通貨ではマイ?#34928;螗埃?#25505;掘)の難易度が絶えず高まり、GPUに替わりASICが用いられるようになっ?#20426;?最新情報によれ?#23567;ⅴ鷹氓去償ぅ螭違蜘`ムを巻き起こした中国のマイ?#34928;螗?#26368;大手ビッ?#21435;幞ぅ螭?#20170;年、半導体受託生産会社(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(?#35029;櫻停茫─衰Εē烯`10万枚を一気に発注し?#20426;#裕櫻停盲位?#36335;線幅12ナノメー?#21435;耄ē圣韋?0億分の1)製造プロ?#20114;工?#29992;いてASIC半導体を生産し、次?#26469;蕙ぅ衰螗?#27231;器のコアチップに?#24037;毪趣いΑ?#38306;連の発注に関しては今年から出荷を開?#28608;貳?#27598;月1万個を納める見通しだ。 この大型受注により、?#35029;櫻停盲?#26666;価に対?#24037;?#24746;材料?#27927;頦?#28040;され?#20426;%攻蕞`?#21435;榨━螭?#21463;注が予想を下回り、売上高が当初の想定から1割近く落ち込む?#36259;丹欷皮い郡?#28187;収幅は?#25285;?#26410;満に縮まる?#36259;撙槨欷皮い搿?#22806;国人投資家?#21361;裕櫻停盲?#23550;?#24037;?#35413;価も変化し?#20426;?#22806;国人投資家は今年1月2日以降、累計で?#35029;櫻停?#26666;を?#20302;?#26666;買い越しており、?#35029;櫻停盲?#26666;価を226台湾ドルから7%高の242台湾ドルにまで押し上げ?#20426;?期待されるザイリンク?#24037;危疲校牽?専門の海外投資機関も今後ASICがGPUに取って代わりAIの新たなスターになると?#22411;?#35222;している。なかでも特に将来性を期待されているのが、製造後に回路構成の設定が可能な半導体FPGAの最大手である米ザイリンク?#24037;饋#疲校牽瀝?#28040;費電力がGPUを下回る一方、処理速度が比較的速い?#36259;いΔ韋餞?#20027;な要因。FPGAチップを用い?#21305;播違?#37197;列解析や音声認識の精度向上に必要なディープラー?#34928;螗挨?#34892;っているメーカーも?#24037;扦摔ⅳ毪趣いΑ?AI発展の分け前にあずかろうとASIC開発を目指す半導体企業もま?#24037;蓼?#22679;えている。米グーグル?#21361;粒喪隸氓駐?#30740;究開発に協力した?#33437;愆`ドコム、キャビウム、マーベル、マイクロ?#20114;摺?#21488;湾?#28201;?#30330;科技(メディア?#21305;氓─?#20013;国インターネット通販最大手アリババの連合などが例?#36259;筏?#25369;げられる。AIアプリケーション向け半導体の商機をめぐって争う競合が増えるこ?#36259;恰ⅴē胎鷹釬%ⅳ齲粒停膜?#22909;況も間違いなく分散されるこ?#36259;摔勝毪坤恧Α?※アジア特Q便は、QUICK端末で先行してご覧いただけます。 ※本情報は、情報の提供を目的?#36259;筏皮輟?#25237;資その他の行動を勧誘?#24037;毪長趣?#30446;的?#36259;筏郡玀韋扦悉ⅳ轆蓼護蟆?#26377;価証券その他の取引等に関?#24037;?#26368;終決定は、お客様ご自身のご判断と責任で行って下さい。株式会社QUICKおよび情報提供元である李臥龍氏は、本情報を利用して行った投資等により、お客様が被っ?#20426;ⅳ蓼郡稀?#34987;る可能性のある直接的、間接的、付随的または特別な損害またはその他の損害について、一切責任を負いません。

    キャッシュレス化を目指すインド HSBCレポート

    QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、HSBCグローバル?ア?#20114;氓?マネジメン?#36259;違ぅ螗佶攻去幞螗?ダイレクター、?#34928;楗?メータ氏がレポー?#36259;筏蓼埂? インドの電?#35352;Q済革命を牽引しているのは意外に思えるかもしれないが、政府である。 インド政府は、インド準備銀行(中央銀行)の助言の下、民間の専門家の協力を得て、ここ数年で国内の電?#35352;Q済を飛躍的に前進させ?#20426;?#36890;常、新興国?#25569;?#24220;は官僚主義的で、大きな技術革新を主導?#24037;毪瑜Δ勝長趣悉郅趣螭嗓勝?#26997;め?#26222;浹筏?#25104;功例と言える。 インド決済公社(NPCI)は、インド国内の?#24037;伽皮?#23567;売業の決済シス?#21305;啶?#32113;括?#24037;?#32068;織?#36259;筏?#32004;10年前に設立され?#20426;¥餞?#20027;要な目的は、複数のシス?#21305;啶?つの標準的なプラッ?#21435;榨┅`ム?#24605;?#32004;、統合?#24037;毪長趣扦ⅳ搿?決済手段の革新 インドは2022年までに携帯電話、スマー?#21435;榨━蟆ⅴぅ螗咯`ネッ?#36259;?#21033;用者数が世界第2位になると予測されており、現在?#24819;?#23376;商取引?#20837;娮記Q済の普及拡大を加速させるのに最適な時期?#36259;撙槨欷搿¥筏?#29694;在のインドの現金決済比率は約80%?#21462;?#20808;進国の約20-25%や中国の50%を大きく上回っているため(※1)、「キャッシュレス」経済?#36259;?#31243;遠いのが現状である。そのほかにも、スマー?#21435;榨━螭?#26222;及率が低く、インターネッ?#36259;違旦`ビスエリアが限定的で、電?#35352;Q済の手数料が相対的に高いこ?#36259;勝嗓?#38556;害?#36259;勝盲皮い搿?しか?#31278;PCIはこれら?#25569;n題に対処?#24037;毪郡?#38761;新的な解決策を開発し?#20426;?#20855;体的には、スマー?#21435;榨━螭湞ぅ螗咯`ネッ?#36259;?#26222;及率が比較的低い?#36259;い?#21839;題を解決?#24037;毪郡幛恕ⅴぅ螗咯`ネッ?#36259;?#25509;続できない基本機能のみのベーシック?#24066;?#24111;電?#25369;蚴工盲?#38651;?#35352;Q済が可能なシス?#21305;啶?#38283;発し?#20426;PCIはま?#20426;?#32113;合決済インターフェース(UPI)?#36259;いΑⅴ豫ⅴ末`ピア、個人と商店、または企業間の決済をベーシック?#24066;?#24111;電?#25369;?#34892;える統合型のオープンアーキ?#21305;隸慳伐攻匹啶?#38283;発し?#20426;?#19990;界の決済シス?#21305;啶握?#26395;において現時点で最も革新的な動きと言えよう。 だが、インドの巨大人口をカバーできるまでに利用網を拡大?#24037;毪韋?#20381;然?#36259;筏?#22256;難を伴う。しかし、アドハー(国民総?#25764;?#21495;制)対応決済シス?#21305;啵ˋEPS)が、インドの電?#35352;Q済革命の起爆剤になると考えられる。AEPSによりスマー?#21435;榨━螭?#25345;っていない利用者、そしてPOS(販売時点情報管理)シス?#21305;啶?#20633;えていない小売店?#36259;い?#20108;つの問題が解決?#24037;搿?#23567;売店側が普通のスマー?#21435;榨━螭?#25345;っていれ?#23567;?0米ドルで買えるデジタル読取り装置をこれに接続?#24037;毪長趣摔瑜盲?#25351;紋および虹彩をスキャンできるようになり、買い手は銀行口座の本人確認にも利用できる生体認証IDを?#24037;盲?#27770;済が可能?#36259;勝搿¥長巍弗ⅴ喪烯`決済?#24037;稀ⅴぅ螗?#29305;有?#25569;n題の解決のため?#34928;ぅ螗嗓?#29420;自に編み出した解決法?#36259;勝盲皮い搿?高額紙幣廃?#24037;盲堡趣勝盲駿慳氓伐濂欹?#38761;命 インドは伝統的に現金中心の経済であったが、大きな変化がゆっくりと進行している。決済全体に?#28608;幛?#29694;金決済の比率は2005年には92%だったが、2015年までに78%に低下した(※1)。つまり毎年1%ポイン?#36259;氦?#20302;下してきたこ?#36259;摔勝搿?#26152;年インド政府がGDPの12%、流通紙幣の86%(金額ベース)に相当?#24037;?#39640;額紙幣を廃?#24037;筏郡長趣?#38651;?#35352;Q済を後押し?#24037;?#24418;になった(※2)。この決定によって人口の大半は、新紙幣が銀行やATMに届くまでの間、電?#35352;Q済を利用?#24037;毪長趣?#20313;儀なくされ?#20426;?この期間に政府は、UPIシス?#21305;啶?#26681;幹を強化し、自ら開発したスマー?#21435;榨━?#29992;電?#35352;Q済アプリ、バーラット現金決済インターフェース(BHIM)のサービ?#24037;?#38283;?#28608;筏俊HIMシス?#21305;啶摔瑜盲啤?#37504;行口座と携帯電?#25369;?#25345;っていれば誰でもワンクリックで即時送金?#24037;毪長趣?#21487;能?#36259;勝盲俊?017年10月現在でBHIMアプリのダウンロード数は2,000万件(※3)に達し、政府は2018年3月までにこれを4億件に?#24037;毪趣い?#37326;心的な目標を設定し?#20426;? 新たな参入企業と後続企業 インドの電?#35352;Q済市場にはこれに注目した世界的な企業も参入している。中国のアリババはモバイル?ウォレット大手のPaytm(ペイ?#21305;)`エム)と提携し、より最近では、フェイス?#33437;氓湞癌`グルがUPIを利用して、統合決済サービ?#24037;騑hatsApp Messenger(ワッツアップメッ?#20114;螗弗悌`)や様々なグーグルのアプリに統合しよう?#36259;筏皮い搿!hatsAppはUPIに接続した決済シス?#21305;啶?#35430;用を2017年8月から実施しており、近日中に本格的に展開?#24037;?#20104;定だ。WhatsAppのインド国内のユーザー数は2017年半ばで2億5,000万人、またインドで販売されるスマー?#21435;榨━?0台中9台がアンドロイド端末であるため、これら企業の参入?#24819;娮記Q済革命に向けて注目?#24037;伽?#28526;流と言える。 インドは決済の電子化を急速に進展させているため、電?#35352;Q済に対?#24037;?#25269;抗感は薄れ、デジタル化分野の透明性は向上し、今後も拡大し続ける?#36259;撙槨欷皮い搿%ぅ螗?#32076;済における現金に関わるコス?#36259;?#32207;額はGDPの1.7%(※4)程度と推定される。電?#35352;Q済の拡大により、長期的にはこのコス?#36259;?#28187;少が見込まれる。企業と個人にもデジタル化分野の拡大による恩恵が広がるだろう。金融サービス企業が消費者行動?需要に関?#24037;毳簽`タを利用して顧客の理解を深め、利用者が適切なコス?#36259;?#37329;融サービ?#24037;衰ⅴ互工扦毪瑜Δ?#29366;況を改善?#24037;毪悉氦饋?インドでは、デジタル決済革命が起こりつつある。同国の人口規模、経済成長ポ?#21305;螗伐慳搿ⅳ蓼空?#24220;の電?#35352;Q済普及に向けた積極的取り組みから見て、これは注目?#24037;伽?#28526;流と言える。 出所: ※1. ボス?#21435;?コンサル?#21305;%螗?グループ(BCG)およびグーグルの報告におけるデータ – 電?#35352;Q済2020(Digital Payments 2020) – 2016年7月現在 ※2. インド準備銀行(RBI)による2016年11月現在のデータ ※3. NPCIによる2017年12月現在のデータ ※4. Visaによる2016年10月現在のデータ

    中国での環境意識の高まり:自転車利用、カーシェア、植樹 HSBCレポート

     QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、HSBC中国のデビッド?リャオ(David Liao)社長兼CEOがレポー?#36259;筏蓼埂?   11月6~17日、ドイツのボンで第23回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP23)が開催され?#20426;OP23では、世界中?#25569;?#24220;関係者が一同に会し、気候変動に関?#24037;?#19990;界的取組の今後について協議?#24037;搿¥餞長?#19990;界各国?#25569;?#24220;に?#36259;盲皮?#24847;外な協力者が出現し?#20426;?#20013;国の13億8,000万人の消費者である。 中国の過去数十年にわたる飛躍的な経済成長は、人口の大半を貧困から脱却させたが、環境を犠牲にしてきたこ?#36259;?#30097;いようもなく、世界第2位の経済大国である中国の?#29575;?#21177;果ガ?#21476;?#20986;量は世界最大である。中国の重工業が関連?#24037;?#22823;気汚染の?#34928;濠`?#24037;洹ⅴ攻猊氓挨前蓼欷?#22269;内の大都市のイメージが?#21462;?#22577;じられている。 このため中国の消費者が環境を意識している?#36259;?#35211;方には説得力がないかもしれない。 しかし、中国の環境汚染がきわめて広範に拡大?#24037;?#20806;候が浮上し、国民は気候変動に敏感になり新たな対策が必要と考えるようになっ?#20426;?例えば市場調査会社のイプソ?#24037;?月から9月にかけて世界各国で実施した調査(※1)によれ?#23567;?#22269;内の気候変動を懸念?#24037;?#22238;答者が最も多かったのは中国で、回答者の24%が懸念事項上位3つのうちの一つに気候変動を挙げている。中国に次いでカナダが21%だったが、調査対象の26ヵ国の平均はわずか10%だっ?#20426;?※1 Ipsos, What Worries The World Survey, September 2017 https://www.ipsos.com/ja-jp/what-worries-world-autumn-2017J 同時に、中国で急速に拡大?#24037;?#20013;間所得層の間では、健康と生活の質に関?#24037;?#35201;求が一段と高まっている。こうした人々の多くは?#21305;違恁俯`に詳しく冒険心が旺盛で、自分たちの嗜好や要望に応えようと革新的な民間企業が提供?#24037;?#26032;しいプロダク?#36259;湞旦`ビ?#24037;?#31309;極的に試そう?#36259;筏皮い搿?顕著な事例?#36259;筏啤?#26152;年1年あまりの間に急速に普及した自転車シェアリングが挙げられる。中国では一時は街路からほ?#36259;螭?#23039;を消した自転車が、現在は再び息を吹き返している。今や中国の多くの都市の街角や地下鉄の出口で、市民がモバイル機器をスキャンし?#21305;欹螗駿?#33258;転車の鍵を開?#34180;?#27598;日の通勤の最後の交通手段あるいは?#20379;`パーマーケッ?#36259;蓼扦?#36275;?#36259;筏?#21033;用?#24037;?#20809;景が見られる。 いたる?#36259;長恧?#33258;転車が駐輪されるこ?#36259;?#25080;念?#24037;?#35211;方も一部にはあるが、こういった便利で低コス?#36259;?#21462;組をきっかけに、より健康的で経済的負担が少なく環境保全にもプラ?#24037;趣勝毪長?#20132;通手段を、数百万人の中国人が再び愛好?#24037;毪瑜Δ摔勝盲皮い搿?自転車シェアリングサービ?#24037;?#26032;興企業?#36259;筏啤?#20013;国の?#21305;螗互螗趣?#31859;国シリコンバレーのベンチャーキャピタル、?#20114;償ぅ?キャピタルからの投資を得ているモバイクによれ?#23567;?#21516;社の1億人に上る顧客の自転車の利用はこの1年以内?#28508;?#22679;し、自動車での移動を半分に減らした?#36259;丹欷搿?さら?#34928;猊嘯ぅ?#31038;は、10万人の顧客を対象に行った調査を基に、同社のサービス利用者は2016年半ばに計画がスター?#36259;筏皮槨?年間で、二酸化炭素排出量を54万?#21435;?#28187;らしたと推計している。これは自動車を1年間に17万台減らしたこ?#36259;?#30456;当?#24037;搿?自動車を選好?#24037;?#20154;々に?#36259;盲皮狻?#20013;国はカーシェアリングの試験台?#36259;勝轆膜膜ⅳ搿%喪ぅ膜違攛濂螗廿螭?#26412;拠地?#36259;工?#32076;営戦略コンサル?#21305;%螗?#20250;社ローランド?ベルガ―は、中国国内でカーシェアリングに利用される自動車の数は、大気汚染を抑?#24037;筏郡?#25919;府の取組を背景に、2025年まで毎年45%のペー?#24037;?#22679;加?#24037;毪?#20104;想している。(※2) ※2 Roland Berger, Car Sharing in China (6 April 2017) https://www.rolandberger.com/en/press/Car-sharing-in-China-Size-of-fleet-to-grow-45-percent-per-year-through-2025-%E2%80%93-h.html 環境に特に配慮している事例?#36259;筏啤?#19978;海拠点のEVカードは23都市で8,000台を超える電気自動車を短期レンタルしている。利用者はモバイル端末のアプリ?#21435;`カードを?#24037;盲啤?分間当たりわずか0.50人民元ないし1日当たり180人民元でレンタルできる電気自動車を探?#24037;長趣?#21487;能だ。180人民元は30米ドルに満たない金額である。 政府?#25569;?#33288;策もあって中国の電気自動車市場も活況を呈している。昨年1年間に中国では25万7,000台の電気自動車が登録され?#20426;¥長欷?#19990;界全体の電気自動車登録台数の55%に相当し、米国での登録台数の3倍である。 また中国?#26412;證?#21270;石燃料自動車を将来禁?#24037;工毪長趣?#35222;野に入れているこ?#36259;欏?#38651;気自動車の市場は急速な拡大を続けるだろう。中国?#26412;證長Δ筏?#21462;組みを検討していると9月に報道された一方で、今年に入ってからフラン?#24037;?#33521;国でも同じ趣?#28608;?#30330;表が行われ?#20426;?より一般的な市民生活レベルでも、環境保全の考え方は中国人の日常に浸透しつつある。2016年8月にはユビキタス?モバイル決済アプリのアリペイに「アント?フォレス?#21462;工趣いΕ攛衰ⅴ抓轆?#23566;入され?#20426;¥長違ⅴ抓轆?#21033;用者はウォーキングやネッ?#21435;伐紲氓豫螗啊?#35531;求書のオンライン決済などを通じて「グリーンエネルギー」ポイン?#36259;?#29554;得?#24037;搿%ⅴ螗?フォレス?#36259;?#21313;分なポイン?#36259;?#36015;めた利用者は、それを実際の苗木と交換し内モン?#35302;?#33258;治区の?#28595;?#26893;樹?#24037;毪長趣扦搿?国連の環境プログラムと協調してこの取組みを主導しているアント?ファイナンシャルの報告によれ?#23567;ⅳ長違ⅴ抓轆?#23566;入されてからの6カ月間に2億人のユーザーが参加し、この間のユーザーの行動変化によって推計15万?#21435;螭?#28845;素排出量が削減され100万本を超える苗木が植樹され?#20426;?世界全体?#36865;護?#20184;けられている環境問題に比して、こうした動きの全てはほんのわずかな前進に?#24037;勝い玀筏欷勝ぁ¥筏分?#22269;の人口と経済規模の大きさを考えれ?#23567;ⅳ長Δ筏?#36914;歩は中国国内だけでなく世界全体に?#36259;盲?#37325;要である。 またこれは中国で急速に増加?#24037;?#20013;間所得層の要求に応えたい企業に?#36259;盲皮?#25945;訓でもある。英国のベビー服販売業者であれ、日本の自動車メーカーであれ、あるいはアメリカのレス?#21435;楗?#20107;業者であっても、中国の消費者が製品やサービ?#24037;?#20385;格や利便性だけでなく環境への影響を一段と意識し?#28608;幛郡長趣摔?#27880;意を向ける必要がある。 消費者?#36259;趣玀?#20013;国?#25569;?#24220;?#26412;證狻?#27671;候変動に関?#24037;毳靴?#21332;定を順守?#24037;毪趣筏?#19978;で、エネルギー消費抑制や排出ガス削減、再生可能エネルギー創出の取り組みを強く推進している。これらによって地球環境は改善されていくだろう。    

    中国の「シリコンバレー?#24037;?#20027;導?#24037;毳釬弗駿?#38761;命 HSBCレポート

    QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、HSBC広東省チーフ?エグゼク?#21305;%證違猊螗触幞戛`?ホー氏がレポー?#36259;筏蓼埂?   中国、?#21305;違恁俯`利用拡大 シリコンデルタが目覚ましい成長 世界の?#21305;違恁俯`産業における次の大変革はおそらく、中国国内で最も革新的な企業の多くが本拠地を置く広東省の都市集積地帯のシリコンデルタから生まれるだろう。起業家精神や創造性、市場構造、通信インフラ、壮大な規模などを併せ持つ中国本土の?#21305;違恁俯`?#20114;咯`が、中国全体のけん引役?#36259;勝?#26085;がやって来るのは時間の問題である。 その萌芽は特に珠江デルタで容易に見出?#24037;長趣扦搿?#19990;界最大級のハイ?#21305;?#20225;業の本拠地である深?#20114;螭頦悉袱幛趣工?#29664;江デルタ地域全体は、今や世界をリード?#24037;?#20808;進的デジタル製造業のエコシス?#21305;啶丐?#36914;化している。 中国で?#21305;違恁俯`の利用が急速に拡大したこ?#36259;ⅴ伐轔償螗釬毳郡?#30446;覚しい成長のきっかけ?#36259;勝盲皮い搿SBCの「?#21435;楗攻?イン??#21305;違恁俯`(Trust in Technology、英文レポート:http://www.hsbc.com/trust-in-technology-report)」調査によれ?#23567;?#20013;国本土?#20301;?#31572;者の100%がスマー?#21435;榨━螭?#25152;有し、そのうち82%がソーシャルメディア上の金融サービス?プログラムを利用し、43%が無線接続と音声操作の機能を備えたスマー?#21435;攻冤`カーを所有している。これらを踏まえる?#21462;?#20170;年4月に深?#20114;螭?#26412;社を置くインターネット企業騰訊控股(?#21305;螗互螗齲─?#26178;価総額で世界第10位?#36259;勝輟?1位に電子商取引大手のアリババが続いたこ?#36259;象@くにはあたらない。 百?#21462;ⅴⅴ轔嘯小ⅴ匹螗互螗趣?#21336;一プラッ?#21435;榨┅`ムでアプリ構築 西欧では、スマー?#21435;榨━?#21033;用者がそれぞれ異なるニーズでワッツアップやアマゾン、フェイス?#33437;氓ⅴΙ`バー、エアービーアンドビーなど異なるアプリを使用している。これに対?#20998;?#22269;では百度(バイドゥ)、アリバ?#23567;ⅴ匹螗互螗趣韋い銫妞搿窧AT?#24037;?#21336;一のプラッ?#21435;榨┅`ム上で作動?#24037;毳妤衰些`サルアプリを構築している。アプリからアプリに移動?#24037;?#24517;要が無く、一つのアプリをインストール?#24037;欷肖郅?#20107;が足りる。 6年前?#34928;匹螗互螗趣?#24494;信(ウィーチャット)のサービ?#24037;?#38283;?#28608;筏郡趣?#21336;純なチャッ?#21435;ⅴ抓轆?#36942;ぎなかったが、現在のウィーチャッ?#36259;膝僵`シャルメディア、決済、マッチングサービス、?#34928;濠`ス、メッセージをはじめ?#36259;工毳旦`ビ?#24037;?億人以上のアク?#21305;%芝姍`ザーに提供している。いわ?#23567;ⅴ攻圣氓抓隸慳氓趣湞銃氓磨ⅴ氓住ⅴ攻ぅ住ⅴぅ螗攻駿哎楗唷ⅴ讠ぅ靴搿ⅴ榨Дぅ攻芝氓楗ぅ幀ⅴぅД毳住ⅴ匹%螗擴`、アップルペイなどのアプリが一体になったものと考えるこ?#36259;扦搿¥長欷?#23550;し、ウィーチャッ?#36259;?#30456;当?#24037;?#35199;欧のサービ?#24037;扦稀?#21336;一のプラッ?#21435;榨┅`ムで提供できるものは比較?#21335;蓼槨欷駿姍`ザー体験に?#36259;嗓蓼搿?しかしウィーチャッ?#36259;?#31478;合相手のサービ?#24037;?#21336;なる模倣版を寄せ集め、利便性を提供していると考えるのは大きな間違いである。わずか10年前に地味なスター?#36259;?#20999;った中国のインターネット企業だった?#21305;螗互螗趣稀?#20170;や世界の?#21305;違恁俯`?#20114;咯`のクリエイ?#21305;%證圣ⅴぅ釬ⅳ?#29983;み出す中心的存在だ。3つ?#20301;?#26412;的なアプリを?#24037;à小ⅳ郅?#20840;てのものを手に?#24037;毪長趣扦ⅳ嗓螭勝長趣扦?#21487;能で、誰?#36259;扦?#20250;うこ?#36259;扦搿%Ε)`チャッ?#36259;蚴工à小ⅴ伐紲氓豫螗哎猢`ルに向かう前にその場所がどれだ?#34987;?#38609;しているかを色分け地図によっ?#21305;轔ⅴ毳駿ぅ啶潜?#31034;?#24037;毪長趣蓼?#21487;能だ。 中国国内で一段と増加している洗練された若い?#26469;稀ⅴ釬弗駿?#25216;術?#36259;餞?#38761;新を受容?#24037;?#33021;力が極めて高い。HSBCの調査では中国?#20301;?#31572;者の90%が?#21305;違恁俯`によって生活は改善され、また89%が?#21305;違恁俯`の進歩によって世界はより良くなる?#36259;?#35211;方を支持し?#20426;?   実際、中国の消費者は新しい?#21305;違恁俯`が秘める可能性に沸き立っており、79%の消費者が出来る限り新しい?#21305;違恁俯`を?#24037;盲?#29992;事の大半を済ませたいと考えている。事実、中国では指紋認証技術を取り入れるこ?#36259;?#31309;極的で利用率は40%と世界最高であり、インドが31%でそれに続いている。対照的?#34928;榨楗螗工去喪ぅ膜扦?#25351;紋認証技術を本人確認に利用している比率は9%、カナダでは14%に?#36259;嗓蓼盲皮い搿?「BAT?#24037;頦悉袱幛趣工?#20013;国の?#21305;違恁俯`企業は巨額のイノベーション投資を行っており、人工知能の研究では最先端を走っている。人工知能は医療機器から自動運転、決済サービ?#24037;勝嗓?#20998;野の製品の機能性をさらに高める技術?#36259;筏啤?#38651;力の発明に匹敵?#24037;毪郅嗓?#24433;響を人類生活?#24605;挨埭工?#20104;測されている。 13億人の膨大?#27663;?#36027;者、迅速な規模拡大が可能 また中国では、国内の巨大なインターネット産業が生み出?#21476;?#22823;なデータの通信に必要な物理的インフラを、一部の先進国をはるかに上回る規模で構築している。中国の地方村落の大半では4G通信が可能であり、インターネット接続速度では?#20998;?#20869;の多くの首都をしのいでいる。これによっ?#21305;螗楗ぅ螗伐紲氓豫螗挨?#21033;用?#24037;?#28040;費者の利便性は大幅に向上し、オンラインで購入した品物は効率化の進んだ配送会社と近代的な高速交通網によって玄関口まで配送される。 おそらく最も重要な点は、中国には13億8,000万人もの膨大?#27663;?#36027;者が存在?#24037;毪趣いΔ長趣坤恧Α¥長欷?#32972;景?#34928;ぅ螗咯`ネット企業や?#21305;違恁俯`企業は迅速に規模を拡大?#24037;毪長趣扦搿S型市?#33288;企業は、この巨大な市場のごく一部を捉えさえ?#24037;欷小ⅳ餞?#23558;来性だけでベンチャーキャピタルから資本を引き出?#24037;長趣扦搿?まさにこれが今、珠江デルタで起きているこ?#36259;扦ⅳ搿?#31859;国のシリコンバレーに触発されて、深?#20114;螭摔膝佶螗隸悌`キャピタリス?#21462;ⅴⅴ互楗颮`ターそして巨大?#21305;違恁俯`企業出身者が集まり、次に成功?#24037;?#26032;興企業を見出そう?#36259;筏皮い搿?こうした要素の?#24037;伽皮?#26082;成概念を覆す大変革を生み出している。中国のインターネット企業が世界的な成長を遂げている中で、次?#26469;?#19990;界的なインターネット巨大企業は中国から誕生?#24037;毪?#32771;えるのが妥当だ。それは、中国の大手旅行サイ?#36259;違琺`?#21435;轔氓祝–trip)がスコッ?#21435;楗螗嗓?#21516;業スカイスキャ?#26045;`を買収したような企業買収の形で進むこ?#36259;玀ⅳ欷小ⅳ蓼駿ⅴ轔嘯肖?#27770;済サービス「アリペイ?#24037;韋瑜Δ?#23567;売業者の世界的ネッ?#21435;鐒`クを構築し、事業の成長により拡大?#24037;?#24418;で進むこ?#36259;玀ⅳ毪坤恧Α?アイデアに詰まった米国のシリコンバレーの?#21435;氓駐稀?#20013;国のシリコンデルタに目を向けてみると何か得られるかもしれない。数年中にはもっ?#36259;悉盲轆趣餞韋瑜Δ?#29366;況になっているはずだろう。  

    ASEAN発足50周年、インフラ事業を基盤?#36259;工?#32076;済成長?#20301;平?#26399;が到来 HSBCレポート

    QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、HSBC商業銀行部門アジア太平洋地域統括責?#25569;撙違攻隸濂鐒`ト??#21305;ぅ?#27663;がレポー?#36259;筏蓼埂? ASEAN主要経済圏、今後5年間でインフラ投資2倍に 今年で発足50周年を迎え?#38542;SEAN(東南アジア諸国連合)の主要経済圏は、今後5年間?#34928;ぅ螗榨?#25237;資を2倍に拡大して7,000億米ドル超?#36259;工毪長趣?#32004;束している。これによって貿易や観光産業、今後数十年間の持続的な経済成長のための開発事業に弾みがつく可能性がある。 またASEANのメンバー10ヵ国の経済政策における財政支出計画の焦点は、主に2020年にかけて輸送環境を整備?#24037;毪長趣摔ⅳ搿?世界経済フォーラムの国際競争力レポー?#36259;扦稀?#38263;期的に堅調な経済を創出?#24037;?#19978;でインフラが極めて大きな役割を果た?#24037;長趣欏ⅳ長Δ筏?#25237;資が重要である?#36259;丹欷皮い搿?さらに、ASEAN内外の貿易や投資を活発化し、人?#21435;猊韋?#27969;れを?#19968;摔工毪郡幛恕?#19968;段と連携を強化?#24037;毪長趣?#37325;要性も軽視できない。 こうした取り組みは、世界最大の人口を抱えて急速に成長を遂げる、活気に満?#28872;紺欷緼SEAN地域において域内外の企業が事業機会を最大限に拡大?#24037;毪郡幛?#25903;援?#36259;勝搿SEAN諸国全体のGDPは約2兆8,000億米ドル?#36259;工扦?#19990;界第7位の規模にあり、今後2030年までには世界第3位まで入ってくるこ?#36259;?#20104;想される。 ASEAN地域のサプライチェーンの輸送網が改良されれば輸入コス?#36259;?#28187;少?#24037;搿?#29694;在の世界貿易の70%を中間財やサービス、資本財が?#28608;幛皮い毪趣?#19990;界銀行の推計から判断してもコスト減少の効果は決して小さいものではない。   ASEANの潜在的な購買力に中国も期待 またASEANでは、今後数10年間に新たに創出が見込まれる5,700万世帯の中間層家計の消費活動を追い風に、貿易数量が2014年から2025年の間にほぼ倍増して2兆8,000億米ドルに達?#24037;毪?#20104;想されているこ?#36259;槨狻ⅴ單抓楗ぅ隸З`ン改良のもたらす効果は小さくない。 こうした裕福で若い都市人口の増加により巨大?#27663;?#36027;者購買力が見込まれるこ?#36259;稀?#20013;国が「一帯一路」構想の下で貿易活性化につながるインフラ整備や投資、事業を強化しよう?#36259;工?#22823;き?#19990;?#30001;でもある。 ASEANと中国は、相互貿?#26368;~を昨年の5,000億米ドルから2020年までに倍増させて1兆米ドルに?#24037;毪趣?#30446;標を掲げている。こうした背景からもインフラ投資や主要プロジェク?#36259;?#38306;わるエコシス?#21305;?#20107;業の機会は特?#32034;?#21147;的なもの?#36259;勝盲皮い搿?   インドネシアに大規模な事業機会 ASEAN域内のあらゆる大国に事業機会はみられるが、直近で大規模なチャン?#24037;?#29983;まれているのはインドネシアである。 インドネシアが2016年から2020年の間に計画しているインフラ投資は3,500億米ドル?#33775;SEAN主要5ヵ国の合計額の約半分に相当?#24037;搿¥餞欷摔?#20197;下のよう?#19990;?#30001;がある。 ASEANで最大の経済規模を有?#24037;毳ぅ螗喪庭伐ⅳ扦?#36664;送インフラへの投資はGDP比6%と域内で最も低い水準にあり、フィリピンの同13%やマレーシア?#21435;駿い?9%、シンガポールの31%に遅れを?#36259;盲皮い搿?インドネシア政府のインフラ予算は2014年以降に倍増したが全体的?#25163;?#20986;必要額には遠い。また財務省は2015年から2019年までに民間?#20114;咯`には1,300億米ドル相当の事業機会が生じると推計している。   タイは1,200億米ドルのインフラ支出を計画 インドネシアに次ぐ規模のインフラ市場を有?#24037;毪韋膝駿い扦ⅳ搿?#20107;業規模で700億米ドルに相当?#24037;?6件の巨大プロジェク?#36259;蚴激幛趣工搿?,200億米ドルのインフラ支出が計画されている。 タイでは、GDPの84%を製造業が?#28608;帷ⅳ蓼?#35069;造業製品のほぼ全て(96%)が陸上輸送されている?#36259;い?#29694;実が、輸送網の改善を促す背景?#36259;勝盲皮い搿?早期着工が予定される56件の巨大プロジェク?#36259;?#20107;業規模が700億米ドルであるこ?#36259;思嬰ā?#20107;業規模440億米ドルの「東部経済回?#21462;?#38283;発計画によりタイは民間?#20114;咯`の資金調達の主要市場?#36259;勝輟?#24517;要資本の4分の1前後は「官民連携(PPP)?#24037;?#19979;で調達される見通しである。   フィリピン、道路?鉄道整備の「ドリームプラン」 ASEANの議長国を50周年の節目の年に務めているフィリピンも、2017年から2022年までに1,440億米ドルの積極的なインフラ投資を行うこ?#36259;?#24565;頭に、今後数十年間をかけて競争力を強化?#24037;毪郡幛位?#26399;的な計画を策定している。 実施が予定されている投資案件の約90%は輸送網に関連?#24037;毪玀韋扦ⅳ輟ⅳ蓼空?#24220;が「ドリームプラン?#24037;?#31216;?#24037;?018年から2020年までの道路と鉄道に係る直近?#25569;?#20633;事業の規模は410億米ドルである。 フィリピンでは政府が税制改正に動いているこ?#36259;摔瑜盲?#22806;国からの対内直接投資が促進され、外国資本による企業所有の規制が緩和されている。また一段の民間投資が促され、?#24037;扦?#20013;国企業がフィリピンのインフラ事業に?#20301;肥激幛皮い搿?  マレーシアは鉄道投資を柱に輸送網を整備 マレーシアでは、輸送網を巡る大きな事業機会は、国内の各地域間の連絡や地方における連絡を活性化し経済効率を改善?#24037;毪長趣扦ⅳ輟ⅳ蓼?#36969;切に統合された輸送シス?#21305;啶?#21109;設し、ASEAN地域における国際貿易ハブ?#36259;筏皮違蕙颮`シアの地位向上につながる物流能力を高度化?#24037;毪長趣摔ⅳ搿?2016年から2020年までの5年間のインフラ支出計画は850億米ドル?#36259;丹臁?011年から2015年までの500億米ドルから増加している。 輸送網?#25569;?#20633;への支出においては鉄道投資が柱?#36259;丹臁ⅴ伐螗荸`ル?#21435;嘯螗償頦膜勝?#39640;速鉄道を中心に、現存の大量輸送能力を強化し東海岸の開発を進める計画が立てられている。   シンガポール、地下鉄シス?#21305;啶?#35215;模を拡大 シンガポールの輸送インフラは?#24037;扦?#19990;界最高水準だが、さらに都市国家?#36259;筏?#22320;下鉄シス?#21305;啶?#35215;模を2030年までに2倍に拡大?#24037;?#25919;府計画の下で一段と進歩?#24037;?#35211;通しだ。 2016年から2020年までの期間に3つの新しい路線を建設して地下鉄網をさらに113キロメー?#21435;胙由欷丹護?#20107;業では、600億米ドルの新規投資が生まれると予想される。これは2011年から2015年までの期間の投資額の500億米ドルを上回っている。   ASEANはインフラ事業を基盤に?#24179;?#26399;へ ここに挙げた全ての経済活動は、ASEANの各経済圏が未来を見据えて経済成長と経済開発?#20301;?#30436;作りに注力しているこ?#36259;?#34920;れである。 ?#24037;勝銫痢?0周年を迎たASEANではインフラ事業が貿易と投資の成長を下支え?#24037;牖平?#26399;が?#28608;蓼恧Δ趣筏皮い毪韋扦ⅳ搿?

    10周年を迎えるグリーンボンド市場 HSBCレポート

    QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、HSBC グローバル?バンキング&マーケッツ、アジア太平洋地域統括責?#25569;撙違穿`ドン?フレンチ氏がレポー?#36259;筏蓼埂? グリーンボンド、2016年の発行額は900億ドル以上 注目高まる 最初のグリーンボンドが発行され?#24179;?#24180;で10年目?#36259;勝毪ⅴ哎戛`ンボンド市場は成熟した市場を目指して現在も急成長中である。気候変動の影響を抑制?#24037;?#19990;界経済全体の取組みを支援?#24037;毳抓恁弗Д趣?#36039;金源?#36259;筏皮餞?#37325;要性は一段と高まっている。 これまでの10年間を幼年時代?#36259;工毪勝槨小?#20840;く心配のない幼年時代だった?#36259;?#24517;ずしも言えない。世界初の「グリーンボンド?#24037;?#30330;行されたのは2007年7月で、その発行額は6億ユーロだっ?#20426;¥餞?#24460;に続く動きもまずまずだったが、当初の勢いは影を潜めてい?#20426;?013年には年間発行額が100億米ドルの節目を上回ったが、それでも債券市場全体から見れば極小さな存在だっ?#20426;?しかし10年の年月を経た今、資本市場に生まれたグリーンボンド?#36259;い?#24188;子は目覚ましく成長し?#20426;?#26152;年のグリーンボンド発行額は900億米ドルを突破し、2015年の2倍以上?#36259;勝盲俊¥餞?#20013;にはポーランドが発行し?#20426;?#30330;行額7億5,000万ユーロの世界初のソ?#33437;轔?グリーンボンドが含まれる。この1月にはフラン?#24037;?2年物の発行額70億ユーロのグリーンボンドを発行し?#20426;¥長欷?#30330;行額と長期年限の面で画期的だっただけでなく、投資家の需要が230億ユーロ超にまで膨らみ、発行予定額を大きく上回ったこ?#36259;扦?#22823;きく注目され?#20426;? 成長を確信?#24037;耄長膜?#29702;由   気候変動は地球に?#36259;盲?#24046;し迫った脅威であり、炭素集約度の高い技術やインフラを減らしていく取組みに充てる資金を確保?#24037;毪郡幛摔悉蓼趣蓼盲?#36039;本注入が必要である。それは、風力発電タービンや太陽光発電企業、低炭素型交通シス?#21305;唷?#24314;造物や街全体のエネルギー効率?#20154;?#36039;源利用効率を一段と高める技術などの進歩に向けて活用される。 グリーンボンド市場の発展は緩やかかもしれないが、今や低炭素社会を創り出す上で欠かせない存在になっている。気候変動を抑制?#24037;?#20107;業への投資機会を求めている資金は世界的に増加している。グリーンボンド市場は、企業がそうした資金を利用?#24037;毪長趣?#21487;能?#36259;貳ⅳ蓼郡餞Δ筏?#36039;金を持続可能な環境に保つためのプロジェクト資金に振り向けていくものである。   現時点では世界の債券市場の1%にも満たない規模のグリーンボンド市場だが、我々が今後急速に成長?#24037;毪?#30906;信?#24037;?#20197;下の理由がある: ①まず、汚染や世界的気温上昇から生じるリスクについての企業や消費者、投資家?#25569;J識に根底から変化が生じている。2015年に採択されたパリ協定では気候変動に対処?#24037;?#24517;要性について全会一致の世界的合意が成立し?#20426;¥餞?#21069;提?#36259;筏啤?#19990;界の平均気温上昇を産業革命前と比較して摂氏2?#20219;?#28288;に抑える目標に向?#34180;?#22269;家的な計画の推進を200ヵ国近い?#29992;?#22269;が批?#28608;工毪長趣?#24517;要だっ?#20426;¥長欷?#21463;けて環境技術の投資?#36259;餞韋郡幛?#36039;金調達が活発化し?#20426;?②次に、技術進歩によって(代替エネルギー技術から電気自動車、バッ?#21305;戛`まで)経済的合理性を備えた低炭素型技術がま?#24037;蓼?#22679;えている。倫理的な意味だけでなく財政面からも環境投資は一段と理にかなったもの?#36259;勝轆膜膜ⅳ搿?③3つ目の理由?#36259;筏啤?#20013;国?#21435;ぅ螗嗓?#29872;?#25345;?#35222;の経済を強く支持?#24037;?#31435;場を?#36259;盲郡長趣?#25369;げられる。中国?#21435;ぅ螗嗓?#30330;行体が2015年?#34928;哎戛`ンボンドを初めて起債したこ?#36259;摔瑜輟ⅳ餞欷蓼扦膝攻螗弗圣鷹?#35576;国や米国、英国が中心だった市場が地理的に広がっ?#20426;?#26152;年は中国で330億米ドルあまりの規模でグリーンボンドが発行され、15年にわずか10億米ドルで?#28608;蓼盲?#20013;国でのグリーンボンド発行は?#24037;扦?#19990;界全体の3分の1を超え?#20426;%ぅ螗嗓扦?#30330;行額はそれよりかなり小規模で、昨年はわずか10億米ドル強だったが、インドもやはり低炭素技術に関?#24037;毳靴楗昆ぅ啷伐榨趣?#32076;験している最中である。 グリーンボンドを支援?#24037;?#28526;流の勢いは増しているため、債券発行体も投資家もグリーンボンドを無視できなくなっている。 機関投資家の多くは気候に配慮した投資先を増やしたい 気候変動や環境を重視?#24037;搿弗哎戛`ン?#24037;?#23039;勢を疑われる債券があるこ?#36259;?#20107;実である。調達資金が本当に気候変動や環境に関?#24037;毳抓恁弗Д趣?#20805;てられるのか、あるいは「グリーン?#24037;首?#21218;に疑問のある企業に調達資金が向かっていないか、?#36259;い盲?#21839;題である。さらに、ある債券発行が他と同じように「グリーン?#24037;扦ⅳ毪長趣?#35504;が評価?#24037;毪韋趣い?#21839;題もある。こうした問題についての一貫し?#23458;?#26126;性のある回答がいまだ得られない状況に多くの投資家は置かれている。一方の債券発行体も、情報公開や運用報告、「グリーン?#24037;圣佶螗隸悌`事業?#25569;J証などに追加的な作業やコス?#36259;?#25237;入?#24037;毪長趣?#28040;極的である。 しかし追加的な作業やコス?#36259;?#36942;大に見積もられる傾向があり、標準化と査定の取組みは進展している。例えば格付会社のスタンダード&プアーズは、ある債券がグリーンか否かだけではなくどの程?#21435;哎戛`ンなのかを評価?#24037;?#20181;組みをこの4月から実用化している。 またグリーンボンドへの然るべき評価がまだ十分に広まっていないと考えられるが、その利点は大きい。 まず、グリーンボンドの発行を通じて企業は、自らの投資ポー?#21435;榨━轔?#28845;素?#26469;?#24230;の高い、持続可能でない債券発行体や事業に関わっているこ?#36259;?#25080;念している年金基金や政府系ファンドなどの投資家の間で増えている、グリーンボンドのような投資先を求める動きを捉えるこ?#36259;扦搿?016年の年初時点で、約23兆米ドルの資産が専門家による責任投資戦略の下で管理されている。これは2014年比で25%増であり、専門家が管理している世界全体の資産の4分の1を超えている。 同じように先にHSBCが行った調査でも、世界全体の機関投資家の3分の2が、低炭素型で気候に配慮した投資先への投資額を増やしたいと考えているこ?#36259;銫盲皮い搿?さら?#34928;哎戛`ンボンド発行によって、発行体は自らが地球温暖化?#36259;い?#38263;期的な課題を意識しそれに備えているこ?#36259;?#21608;知させるこ?#36259;扦搿?また気候変動に関?#24037;毳轔攻?#29305;性の特定や最小化、監視を発行体に要請?#24037;毪長趣稀?#20302;炭素型の発想を発行体の企業文化や事業戦略に組み込んでいく上での支援?#36259;勝搿¥長Δ筏郡長趣?#38263;期的には企業価値評価(バリュエーション)や事業見通しにおいて、準備の遅れている企業よりも優位に立つこ?#36259;摔膜勝搿?このように、グリーンボンド市場が成長を遂げてきたこ?#36259;?#23550;しては歓迎の一語に尽きる。10周年おめで?#36259;Α?

    勢いを取?#38520;筏膜膜ⅳ?#20154;民元の国際化 HSBCレポート

     QUICKではアジア特Q便と題し、アジア各国?地域の現地の声を?#34928;濠`ス形式で配信しています。今回は、HSBCグレーター?チャイナ統括 チーフ?エグゼク?#21305;%證違廿欹?ウォン氏がレポー?#36259;筏蓼埂?   人民元、世界的利用拡大へ インフラ整備拡充進む  人民元の国際化はこ?#21361;?#24180;減速した?#36259;撙槨欷毪?#20013;国は水面下では人民元の世界的利用拡大のために引き続き金融インフラ?#25569;?#20633;拡充を進めてき?#20426;?#22269;際取引での人民元の利用は2016年に大幅に減少し?#20426;?#19990;界中の銀行が国際資金決済のために利用している通信ネッ?#21435;鐒`クであるSWIFTによれ?#23567;?#20154;民元建ての国際決済額は2016年に?#24120;埃?#36817;く減少し、通貨別の国際取引額ランキングでは現在7位?#36259;勝盲皮い耄?016年初めには5位だった)。  オフショア人民元の預金も同様な状況にある。中国本土以外での人民元の預金残高は2015年初頭以来縮小してき?#20426;%榨伐紲?#20154;民元の世界最大の拠点である香港での人民元の預金は4月末現在で?#25285;玻福?#20740;元?#21462;?#39321;港の預金残高がピークをつけた2014年末の1?#33258;?#24375;から50%近く減少し?#20426;?  人民元の利用と保有の減少は、中国経済の減速、人民元の下落、国際資本移動に関?#24037;?#35215;制強化に対?#24037;?#25080;念と無関係?#36259;?#35328;えない。しかしこうした現状に対して、中国は外国人投資家が売買可能な国内資産の範囲を拡大して人民元の国際化を進め?#20426;? 3つのコネクト制度が人民元国際化の戦略を証明  まず中国の株式市場の開放が挙げられる。深?#20114;?#24066;場と香港市場の間の相互株式投資制度(ス?#21435;氓償庭齲─?#23566;入が昨年8月に発表され、発表後4ヵ月足らずで運用が開?#28608;丹欷郡ⅳ長?#21046;度によって外国人投資家は、より小規模で起業家精神あふれる企業に投資?#24037;毪長趣?#21487;能?#36259;勝盲俊¥長Δ筏?#20225;業の成長は中国の経済改革の重要な構成要素?#36259;勝盲皮い搿?#29694;在では、世界中の投資家は香港市場を通して中国本土の市場に上場されている企業の大半に直接投資できるようになったが、こうした機会はわずか3年前には存在しなかっ?#20426;?次に中国の債券市場の開放を挙げるこ?#36259;扦搿?#20013;国は今年5月に、中国の債券市場を世界につなぐ取引接続制度である?#31478;?#21048;通(ボンドコネクト)?#24037;?#23566;入を発表し?#20426;?#20013;国債券市場の発展におけるこの最新?#20301;?#26399;的な改革が正式に導入されれ?#23567;?#20013;国の資本市場開放における重要な出来事?#36259;勝毪韋?#30906;実?#36259;撙槨欷搿?急成長している中国の債券市場の規模は世界第3位であるが、海外投資家の参加は限られている。中国の国債市場における外国人投資家の保有比率は2%未満に?#36259;嗓蓼輟?#26085;本?#21361;保埃ァ?#33521;国?#21361;玻担?#36229;、米国?#21361;担埃?#31243;度を大きく下回っている。中国の債券市場の段階的な開放によって、発行者、投資家だけでなく、両者をつなぐ全ての取引仲介業者にも豊富な事業機会がもたらされる?#36259;撙槨欷搿?   3つのコネクト制?#21462;ⅳ膜蓼轔堀螗喪償庭取?#28145;?#20114;?香港ス?#21435;氓償庭趣齲玻埃保?#24180;に一足先に導入された上海?香港ス?#21435;氓償庭趣?#23566;入の意義は、中国本土の債券、株式の世界的指数への組入れを実現したこ?#36259;坤堡摔悉趣嗓蓼槨勝ぃ∕SCIは20?#20445;?#24180;6月20日に中国A株を同社の新興国市場指数に組み入れると発表した)。これら制度は人民元の国際化が中国の中長期的な戦略?#36259;勝盲皮い毪長趣?#35388;明?#24037;毪玀韋扦玀ⅳ搿?#30452;近では今年3月に中国人民銀行がこの見方を再確認し?#20426;?人民元決済の拡大、一帯一路構想も影響  国際取引で人民元の利用が2016年に減少したにもかかわらず、外国為替市場と金融市場の改革を進め、中国経済と金融市場を開放し、人民元の国際通貨化を推進?#24037;?#23039;勢を中国が明確にしている?#36259;い?#20107;実に変化はない。   オフショア人民元市場は、貿易決済額と預金残高が減少しているため、短期的な課題に直面?#24037;?#21487;能性はあるが、引き続き戦略的に重要な市場である。ボンドコネク?#36259;韋瑜Δ?#22269;際投資のための制度を導入?#24037;毪長趣稀ⅴ榨伐紲?#20154;民元市場の広がり、深さ、健全性を改善させるだけでなく、同時に人民元の国際化に再度弾みをつけるであろう。  もう一つのきっかけは、一帯一路構想である。人民元国際化の背景には中国の貿?#26368;~の拡大?#24605;嬰à啤?#20154;民元によるその決済がある。2016年には一帯一路に関係?#24037;?#22269;々と中国?#36259;?#36031;?#26368;~の伸び率が中国の貿?#26368;~全体の伸び率を上回ったこ?#36259;?#32771;慮?#24037;毪取?#19968;帯一路は、地域内および地域間の接続性を強化?#24037;毪長趣摔瑜?#38263;期的に一帯一路沿いの地域の貿易を拡大させるの?#24605;嬰à啤?#36031;易決済での人民元の使用も拡大?#24037;毪趣撙槨欷搿? さらに重要なのは、一帯一路構想によって資金調達の際の人民元利用の増加が見込まれる点である。政府の後押しもあって、中国企業は一帯一路関連プロジェク?#36259;?#31309;極的に参加している。一帯一路関連プロジェク?#36259;?#25512;進している国々で事業を展開?#24037;毪長趣摔瑜輟ⅳ長欷?#20225;業は人民元建てのバランスシー?#36259;?#31649;理されるため、現地の人民元建て流動資産のプールは拡大?#24037;毪趣撙槨欷搿%抓恁弗Д趣?#25512;進している国では全ての通貨が常に流動性不足に直面しており、また多国籍金融機関は十分な資金を供給できる?#36259;?#38480;らないため、人民元は資金調達通貨?#36259;筏?#31478;争上の優位性を備えている。  従って、オフショア人民元の流動性プールの拡大?#24605;嬰à啤?#20154;民元建債券発行に対?#24037;?#38656;要の増加によって、価値保蔵手段?#36259;筏皮?#20154;民元の魅力が高まる?#36259;撙槨欷搿¥丹槨?#19968;帯一路関連のインフラ建設プロジェク?#36259;摔瑜盲?#20154;民元のヘッジのための需要も増加?#24037;毪趣撙槨欷搿?#20013;国の国内債券市場の開放も手伝って、人民元の国際取引での利用も増加?#24037;毪趣撙槨欷搿?  人民元の国際化はこの1年減速したかもしれないが、中国は資本市場の開放を続けてき?#20426;¥丹槨恕?#19968;帯一路構想の影響?#20999;臁─速Q易取引および資金調達通貨?#36259;筏皮?#20154;民元の利用は拡大?#24037;毪趣撙槨欷搿?#20154;民元の国際化は勢いを取?#38520;筏膜膜ⅳ搿?

    人気記事ランキング

    1. 登録されている記事はございません。

    アーカイブ

    大连码垛机