• AMDに吹くインテルの追い風と仮想通貨の逆風 【米決算プレビュー:7~9月期】

    アドバンスト?マイクロ?デバイス(AMD)が24日の大引け後、2018年7~9月期(3Q)決算を発表する。QUICK FactSet Workstationによれば、調整後の1株當たり利益(EPS)の市場予想の平均値(28社、20日時點)は前年同期比20%増の0.12ドルと見込まれている。半導體市況の悪化が見込まれる中、インテルの中央演算処理裝置(CPU)の供給が不足していることが下支え要因となりそうだが、市場の懸念を払拭する成長性が示されるかが重要となりそうだ。 【7~9月期決算の市場予想】(前年同期比) ?売上高(営業収益)? 17億200萬ドル(+3.5%) ?EPS(1株利益)?????? 0.12ドル(+20%、Non-GAAP) AMDの業績をけん引してきたのは、仮想通貨のマイニングに優れる畫像処理半導體(GPU)の「ラデオン」を含むコンピューティング&グラフィックス部門(C&G)である。3QのC&G部門の売上高のコンセンサスは前年同期比28.2%増の10億5000萬ドル。前年同期では大幅な増収だが、C&Gは2018年1~3月期(1Q)にピークを付け、2四半期連続で減収が見込まれている。ビットコインに代表される仮想通貨が今年は低迷しており、マイニング需要に対する期待値が低いのが現狀だ。 AMDに強気な調査會社カウエン&カンパニーは17日付のリポートで、投資判斷のアウトパフォームと目標株価の33ドルを維持した。その中では「インテルの14ナノメートル製品の供給不足を受け、パソコン市場の一部でAMDが恩恵を受けると考えている」としながら、「CPUの主力製品であるライゼンの中でも、GPUを統合した『ライゼン?モバイル』が好調とみられるため、低?中価格のGPU市場、仮想通貨のマイニング需要の鈍化という逆風を相殺するのに充分と考えられる」と指摘。特にインテルの供給不足の影響については「短期的な株高要因だけでなく、長期的にAMDのチャンスを広げる可能性がある」と見込んだ。インテルの顧客の半導體需要を取り込みつつ、2020年に向けてPC、GPU、サーバ向けCPUの「EPYC」、ゲーム用GPUなど製品全體で一貫したロードマップを実行できれば、高い粗利益目標を上回ることができるだろうと今後の成長に強気の見方を示した。 【AMDのセグメント別売上高の推移】 (注)QUICK FactSet Workstationより作成 一方、弱気派のゴールドマン?サックスは18日付のリポートで、目標株価を21→27ドルに引き上げたが投資判斷はニュートラルを維持した。同社が半導體業界を調査した結果や最近のインテルの見解を踏まえ、インテルのCPU不足の影響を考慮。好調なCPUとは対照的に「GPUの売上高は2019年1~3月期(1Q)まで35%減少すると見込まれる」と予想した。その主因として、GPUのライバルであるエヌビディアが新製品をこれから発表する可能性を挙げ、「エヌビディアがGPUの『GeForce』の高価格製品である2070/2080/2080Tiを導入したが、まだ中低価格帯の製品が出ていないことに注意」と指摘した。エヌビディアの新製品が出ると、AMDのシェアは數四半期は低下する恐れがあるという。 AMDは19日に11.11%安で急落した。ニューストリート?リサーチが19日付のリポートで投資判斷を売り、目標株価を18ドルとしたことが嫌気された。ニューストリートは「AMDはインテルの代替役にはなれない」などとし、近年の好調な業績が曲がり角を迎えたと厳しい見方を示していた。 AMDの株価は足元で下げ基調にあるが、年初來で2.08倍の上昇を記録している。4月に10ドルを割った後は好業績を背景に急伸し、9月には34.14ドルまで上昇して年初來で3倍の急騰を果たした。4月末時點で21%だった空売り比率も9月末時點では14%に縮小し、売り方の買い戻しが進んだことが株高の一因とみられている。AMDは2015年4Q決算以降、11四半期連続でEPSが市場予想を上回る「ポジティブ?サプライズ」の常連で、インテル要因以外で成長性を示せるのかが重要となりそう。決算発表を前に急騰後の調整が進んだため、サプライズがあれば見直し買いが入る可能性も否定はできない。(片平正ニ)    ※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、國內株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。米國株については決算結果の速報ニュースのほか、FANGプラスの銘柄を中心に決算発表前に注目ポイントをまとめた「米決算プレビュー」を配信しています。投資に役立つ獨自コンテンツをまとめたQUICK端末の「ナレッジ特設サイト」では、米決算プレビューに加えて決算発表の日程も公表しています。  

    アジャイル(6573)の初値1萬5470円、公開価格の5倍 今年IPO銘柄で最大の上昇率

    アジャイルメディア?ネットワーク(6573)は上場3日目の30日、初値が付いた。初値は公募?売り出し(公開)価格の3000円に対して5.2倍の1萬5470円だった。公開価格に対する初値の上昇率は、2018年の新規株式公開(IPO)銘柄のなかで最も大きかった。 アジャイルはソーシャルメディア(SNS)などを活用して企業のマーケティングを支援するサービスを手掛ける。顧客企業の商品やサービスなどが好きなファンを組織し、口コミによる情報発信を促すことで企業の販促を支援している。ファンを「アンバサダー」として募集し、実際にイベントなどで商品に觸れたり、サービスを體験したりできる機會を提供。そのうえで商品の評判や體験談をツイッターやフェイスブックなどSNSを通じて知人や仲間に広めてもらう。   アンバサダーが投稿した內容を獨自に分析し、影響力や貢獻度を測定する。企業側は費用対効果の高い販促活動を続けることができるという。同社はこの仕組みを「アンバサダープログラム」と呼んでいる。   18年12月期の単獨売上高は前期比35%増の9億9000萬円、営業利益は90%増の1億2600萬円、稅引き利益は53%増の9700萬円を計畫している。 30日に東証マザーズに新規上場した日本リビング保証(7320)は買い注文が集まり、初値が付かなかった。同社は住宅設備の保証サービスを手掛ける。   來週(4月2~6日)は3日に介護業界向けの商談型展示會の開催などを手掛けるブティックス(9272)、4日には企業向けにサブスクリプション(継続従量課金)のためのプラットフォームシステムの開発?提供を手掛けるビープラッツ(4381)がともに東証マザーズに新規上場する。 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    アズ企畫(3490)の初値4705円、公開価格の2.2倍 不動産の販売や賃貸などを展開

    きょう29日、ジャスダック市場に新規上場したアズ企畫設計(3490)の初値は、公募?売り出し(公開)価格である2160円の2.2倍となる4705円だった。同日、新規上場した和心(9271)は買い注文が膨らみ、取り引きが成立しなかった。アジャイルメディア?ネットワーク(6573)は上場2日目の29日も初値が付かないなど、足元で新規株式公開(IPO)銘柄が人気化している。森友問題や米中の貿易摩擦を巡る先行き不透明感が広がるなか、大型株よりも比較的値動きが軽い中小型株に個人マネーが流入しているようだ。 アズ企畫設計は東京や埼玉、神奈川といった首都圏を中心に不動産の販売や賃貸、管理事業を手掛けている。主力の不動産販売事業では、入居率や賃料が低下した不動産を取得し、リノベーションなどを通じて収益力を高めたうえで不動産投資家に販売している。東北で東日本大震災の復興工事に攜わる作業員向けのホテルも運営する。  2018年2月期は単獨売上高が前期比34%増の63億円、営業利益が33%増の3億9900萬円、稅引き利益が72%増の2億7000萬円となった見込み。 和心は主に和裝小物の販売と著物レンタルの2つの事業を手掛ける。2018年12月期は単獨売上高が前期比44%増の35億8800萬円、営業利益は45%増の3億5000萬円、純利益は42%増の2億1300萬円を計畫する。和裝小物の販売と著物レンタルともに売り上げが伸びるようだ。 30日は住宅設備の保証サービスなどを提供する日本リビング保証(7320)が東証マザーズに新規上場する。 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    RPA(6572)の初値1萬4280円、公開価格の4倍 事務作業の自動化ツールを提供

    RPAホールディングス(RPA、6572)の初値は、公募?売り出し(公開)価格の3570円に対して4倍の1萬4280円だった。2月に新規上場したMマート(4380)とジェイテックコーポレーション(JTECCORP、3446)に次ぐ上昇率だ。RPAは27日に東証マザーズに新規上場したが、買い注文が集まり取引が成立しなかった。 RPAは純粋持株會社で傘下の連結子會社5社で構成される。売上高が拡大しているロボットアウトソーシング事業は、人工知能などの技術を活用して人事や経理財務、営業事務などの分野で人に代わって作業をするRPA(Robotic Process Automation)に関するツールの企畫から開発、導入支援などのサービスを提供。RPAソフト「BizRobo!」などを開発する。近年はソフトバンクやビジネスブレイン太田昭和(9658)などと業務提攜し、RPAを活用した新規事業の創造にも努める。髙橋知道社長はソフトバンク(現ソフトバンクグループ?9984)出身だ。 2018年2月期は連結売上高が前期比52%増の40億円、営業利益が2.4倍の4億800萬円、純利益が73%増の2億6900萬円となったようだ。 きょう28日に同じく東証マザーズに新規上場したアジャイル(6573)は買い注文が膨らみ、午前は取引が成立しなかった。前場の気配値は公開価格である3000円に対して1.7倍の5100円だった。同社はソーシャルメディア(SNS)などを活用して企業のマーケティングを支援するサービスを手掛ける。強みはオンラインからオフラインまで一貫してサービスを提供できることだ。18年12月期の単獨売上高は前期比35%増の9億9000萬円、営業利益は90%増の1億2600萬円、稅引き利益は53%増の9700萬円を計畫している。 ? ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。  

    QBネットHD(6571)の初値は公開価格割れ、ファイバーGT(9450)は買い優勢で取引成立せず

    きょう23日、ヘアカット専門店チェーン「QBハウス」を運営するキュービーネットホールディングス(QBネットHD?6571)が東証1部、ファイバーゲート(ファイバーGT?9450)がマザーズにそれぞれ新規上場した。QBネットHDは売り気配で始まり、初値は2115円と公募?売り出し価格(公開価格)の2250円を135円(6%)下回った。2018年の新規株式公開(IPO)銘柄で初値が公開価格を下回ったのは、20日に上場した信和(3447)以來2銘柄目だ。一方、ファイバーGTは株式相場が急落したなか、買い注文が集まり取引が成立しなかった。気配値は公開価格1050円の2.3倍の2415円と、この日の上限まで上昇した。 【2018年IPO銘柄の初値騰落率】 QBネットHDが展開するQBハウスは1000円(稅抜)でヘアカットを提供する低価格カットの先駆的な存在だ。一人當たり10分程度でカットすることにより店舗の回転率を高め、収益につなげている。20~40才代に狙いを定め、カットとスタイリングを行う「FaSS(ファス)」も展開する。2017年末時點の店舗數は664店舗でこのうち、120店がアジアを中心とした海外店舗だ。17年には米國にも進出し、今後も積極的に海外市場を開拓する方針。  2018年6月期は売上高が前期比6%増の190億円、営業利益が14%増の17億円、純利益が8%増の11億円を見込む。 【QBネットHDの株価】 ファイバーGTは集合住宅や商業施設などでWi―Fi(ワイファイ)サービスを提供する。2018年6月期は連結売上高が前期比31%増の36億5300萬円、営業利益は11%増の4億200萬円、純利益は15%増の2億4000萬円を計畫する。レジデンスWi―Fi事業での大幅な売上げ増加が寄與するようだ。 來週(26~30日)は5社の新規上場が控える。27日には人工知能などの技術を用いてロボットに事務作業を代行させるツールの企畫?開発などを手掛けるRPAホールディングス(6572)、28日には企業マーケティング支援のアジャイルメディア?ネットワーク(6573)が新規上場する。 【來週の新規上場予定】   ネイルサロンを運営するコンヴァノ(6574)は29日、人材紹介事業を手掛けるヒューマン?アソシエイツ?ホールディングス(6575)が30日にブックビルディング期間が終了する。 ? ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    信和(3447)が新規上場、初値は公開価格下回る 

    信和(3447)が20日、東証2部に新規上場した。初値は売り出し価格(公開価格)の1150円を3.8%下回る1106円だった。今年の新規株式公開(IPO)銘柄のうち、初値が公開価格を下回ったのは今回が初めて。人気が集まらなかった背景には、2018年3月期の業績が減益見通しと、成長性に対する懐疑的な見方があったのかもしれない。ただ、前場は初値比1%高の1117円で終えた。 【信和の株価】 【2018年IPO銘柄の初値騰落率】  18年3月期は連結売上高が前期比8%増の164億円、営業利益は12%減の23億円、純利益は12.5%減の14億円の見通し。原材料価格の上昇と人員強化に伴う販売費及び一般管理費の増加が営業利益の下押し要因となるようだ。配當性向40%以上を目標としているため、1株當たり配當金は同水準の43円を予定している。同社は建設現場で使用される足場(仮設資材)などを製造販売している。 【信和の概要】 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    共和コーポ(6570)の初値2511円、公開価格58%上回る

    共和コーポレーション(6570)がきょう19日、東証2部に新規上場した。初値は公募?売り出し価格(公開価格)の1590円を57.9%上回る2511円だった。 同社はアミューズメント施設の運営やアミューズメント機器の販売を手掛ける。2018年3月期は連結売上高が前期比9%増の130億円、営業利益が68%増の5億3300萬円、純利益が2%減の3億2100萬円を見込む。主力のアミューズメント施設運営事業は、人気ゲーム機の設置で來店客數が増加するもよう。保護者同伴であれば16歳未満の入場が最長で午後10時まで認められる規制緩和も追い風のようだ。 【2018年IPO銘柄の初値騰落率】 (注)データは3月19日時點   【共和コーポの概要】 (注)データは3月16日時點 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。  

    フェイス(3489)の初値3200円、公開価格の2.3倍 投資用マンションの企畫?開発

    フェイスネットワーク(3489)が16日、東証マザーズ市場に新規上場した。初値は公募?売り出し価格(公開価格)の1400円に対して2.3倍の3200円だった。人気が集まったものの、2月に新規上場して初値が公開価格の4.3倍となったMマート(4380)やジェイテックコーポレーション(3446)には及ばなかった。 【16日のフェイスの株価推移】 フェイスNWは、不動産投資用の新築一棟マンションや中古一棟ビルリノベーションを不動産オーナーに販売する事業を手掛ける。2018年3月期は単獨売上高が前期比31%増の133億3100萬円、営業利益は4%増の12億2300萬円、稅引き利益は4%減の6億7400萬円を計畫する。1株當たり配當金は25円を予定している。 (注)対象は3月16日までの過去1年間に新規上場した銘柄、株価(3/16)は前場の終値 【フェイスNWの概要】 (注)データは3月15日時點 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    東証、HEROZ(4382)の上場承認 來週はQBネット(6571)など5社が上場

    東京証券取引所は15日、HEROZ(ヒーローズ?4382、東京都港區)の株式上場を承認した。同社は人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企畫から開発、運営を手掛ける。 2018年4月期の稅引き利益は2倍超を見込む。上場予定日は4月20日で仮條件決定日が4月4日、ブックビルディング期間は5~11日。公募は新株発行が4萬5500、自己株処分12萬6700株、オーバーアロットメントによる売り出し上限が2萬5800株となる。引き受け証券はSMBC日興、マネックス、みずほ、大和、三菱UFJモルガン?スタンレー、SBI、いちよし、巖井コスモ、エース、岡三、極東。 3月は新規株式公開(IPO)のラッシュとなっている。來週(3月19~23日)は5社の上場が控える。 注目は23日上場のキュービーネットホールディングス(6571)だ。同社はヘアカット専門店「QBハウス」を運営しており知名度が高いが、市場では「株式市場からの吸収金額が大きいため、値上がりは限定的になりそう」という聲も聞かれる。公開価格の2250円から算出した資金吸収額は253億円だ。 また、公募増資による資金調達はなく、投資會社のインテグラルと同社グループの運用ファンドが株式を売り出すため、ファンドのエグジット的な要素が強い。売り出しのみの場合は株式市場での人気があまり高まらないケースが比較的多いことも初値形成に影響するかもしれない。 【3月のIPOカレンダー】 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    日総工産(6569)の初値4020円、公開価格を24%上回る 製造業向け人材派遣

    日総工産(6569)が16日、東証1部市場に新規上場した。初値は公募?売り出し価格(公開価格)の3250円を23.7%上回る4020円だった。 【16日の日総工産の株価推移】 同社は製造業向けの人材派遣に強みを持つ。前身である日総工営を含めると、約50年にわたって國內大手メーカーの製造現場に人材を派遣。足元では自動車関連メーカーや電子部品?デバイスメーカーなどに1萬人超を派遣している。 2018年3月期は連結売上高が前期比10%増の589億2386萬円、純利益は2.2倍の10億6176萬円の見通し。配當金は2月上旬時點で未定としているが、連結配當性向30%以上を目標に掲げている。 【日総工産の概要】 (注)データは3月15日時點 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    神戸天然物化學(6568)の初値、公開価格56%上回る3665円

    神戸天然物化學(6568)が15日、東証マザーズに新規上場した。初値は公募?売り出し価格(公開価格)の2340円を56.6%上回る3665円だった。 同社は?有機化學品の研究開発、生産ソリューション事業を主力としており、國內の大手化學メーカーや製薬會社が必要とするサンプルを供給したり、製造方法を検討したりしている。 バイオ醫薬研究用の製品などの販売が伸び、2018年3月期の売上高は前期比22%増の58億円、営業利益が46%増の10億円、稅引き利益が48%増の7億1400萬円を見込む。18年3月期の配當は1株當たり19円30銭と、前期に比べ4円30銭の増える見通しだ。配當性向は16%程度とそれほど高くない。 【神戸天然物化學の概要】 (注)データは3月14日時點 【QUICK IPOインデックスと日経平均株価の推移】 (注)データは終値。「QUICK IPOインデックス」はQUICK獨自の株価指數で過去1年間に上場した企業の値動きを示す ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    【注目IPO】QBネットHDとファイバーGT、ブックビルディングは13日まで

    キュービーネットホールディングス(6571)とファイバーゲート(9450)は、13日にブックビルディング期間が終了する。キュービーネットホールディングスの仮條件は2000~2250円、引き受け証券は大和、三菱UFJモルガン?スタンレー、みずほ、SMBC日興、東海東京、岡三、巖井コスモ 、マネックス、SBI。 ファイバーゲートの仮條件は910~1050円、引き受け証券はSMBC日興、上光、みずほ、SBI、東洋、岡三となっている。 【キュービーネットホールディングスの概要】 ? 【ファイバーゲートの概要】 ?※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    IPO銘柄、大型株を上回る堅調パフォーマンス 來週の新規上場は3社

    ?新規株式公開(IPO)銘柄が大型株を上回る堅調なパフォーマンスをみせている。年初から3月9日までの日経平均株価は5.7%下落したが、過去1年に上場したIPO銘柄の値動きを基に算出する「QUICK IPOインデックス(単純平均ベース)」は6.5%上昇した。トランプ政権の政治不安や円高など外部要因の影響を受けやすい大型株より中小型株が選好される展開となっている。 【年初からの株価推移】 「QUICK IPOインデックス(単純平均ベース)」の9日の終値は前日比2270ポイント(0.79%)高の28萬9475だった。指數構成銘柄のうち、上昇率が最も大きかった銘柄はロードスター(3482)で前日比13%上昇した。次いでウェーブロック(7940)とウェルビー(6556)がともに8%だった。? 例年3月はIPOが集中する傾向があり、今年も月末に向けて新規上場が相次ぐ。 23日には低価格のヘアカット専門店「QBハウス」を運営するキュービーネットホールディングス(6571)が東証に上場する。27日にマザーズに上場予定のRPAホールディングス(6572)は、人工知能などを用いて人に代わって作業するRPA(Robotic Process Automation)に関する企畫から開発、サービスの提供などを手掛ける。同社はソフトバンク(現ソフトバンクグループ?9984)出身の高橋知道氏が2000年に立ち上げた。RPAホールディングスの上位株主にはソフトバンクも顔をみせる(2月20日時點)。最新技術を活用したビジネスは個人投資家に注目を集めやすい。 來週(12~16日)は神戸天然物化學(6568)など3社の新規上場が控える。SOU(9270)、キュービーネットホールディングス、ファイバーゲート(9450)、RPAホールディングス、アジャイルメディア?ネットワーク(6573)、アズ企畫設計(3490)はブックビル期間が終了する。 【來週のIPO】 上場日  銘柄名 コード 想定価格   仮條件  公開価格   市場  主幹事 03/15? 神戸天然?? 6568???? 2340円???? 2140-2340?? 2340円???? マザ?? SMBC日興証券 03/16? 日総工産?? 6569???? 3570円???? 3130-3250?? 3250円???? 東1?? みずほ証券? 03/16? ????NW??? 3489???? 1340円???? 1340-1400?? 1400円???? マザ?? 野村証券??? (注)マザはマザーズの略 【參考:IPOワールド】 ※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

    人気記事ランキング

    1. 登録されている記事はございません。

    アーカイブ

    PAGE TOP
    大连码垛机